スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2010'08.16 (Mon)

クロップサークル・ミステリーサークル

地球上の不思議な現象として、クロップサークルまたはミステリーサークルがある。

幾何学的模様が、一夜のうちに耕作地に描かれるのだ。

いったい、なんなのだろう。


地球人の実験か。いたずらか。アートか。

地球人ではない存在によるものか。

自然現象か。

そのすべてか。

何らかのメッセージか。

さっぱりわからない。

1つ1つは、製作者が名乗り出ない限り憶測するしかないから、断定はできない。

もちろん中には、製作者が名乗り出ているものもある。

しかし、すごい現象だ。

作物をいためずに作成されたものが多いとのことだけど、実に手が込んでいる。


クロップサークルについて考察されている方の、興味深い話をみつけた。

人の体から蝶の羽根が生えているクロップサークルについての考察だ。

すこし引用させていただく。

「蝶は美しいものと思っている人が多いようだが、悪者のホシ=ベガが地球に送りこんだもので悪の象徴なのだそうだ

昆虫を送り込んだベガが悪者と言うことがよくわかります。

悪者とは大きな丸(大きな星)が順番に小さな丸(小さな星)と、しっかりとつながっているもの。

丸が離れているのは改心したもの。

極小さな丸は名のない星たち。

蝶は小さい時は青虫で人間の食べ物を食い荒らし、派手な形になって蝶になっても人間のためには働かない害虫。
すなわち外形ばかりきらびやかに飾り、他人の働きに依存してまともな仕事をしない人間も当てはまるということ。 」

(o333oさんのブログ 「知ってほしい本当のこと」より引用)


なるほど。

蝶は害虫である。

そういう見方もありますか。


参考サイト:地球の謎解き/ソラからの伝言 内 クロップサークル(穀物模様)
スポンサーサイト
02:15  |  想うこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2010'08.07 (Sat)

またあの光に逢えた

きのう8月6日の夜。

子供達を連れて、竿燈祭り会場へ向かう途中。

西の空にものすごくまぶしく輝く星を真正面の夜空の中にみつけた。

すごくまぶしく光っていて、最初は惑星か何かだと思った。

それが、小さくなったり、また大きくなったり、消えたり、かと思ったらちょっと方向を左右に移動したり。

消えてたとおもってしばらくして、「消えないで~」と心の中で想ったら、また現れてくれたり。

やがて、そっと消えていった。


この光をみて感じたことは、

「私たちもあなた達と共に在るんだよ」

という優しいメッセージ。



夜空には北斗七星もしずかに輝いていた。


何年か前にも同じような光を見たことがある。

また逢えてとても嬉しかった。
10:34  |  想うこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2010'08.06 (Fri)

想いは時空を超える

今日、仕事の仲間が 「カンボジアの○○ちゃん(私の里子)のことを、遠くはなれた日本で、少なくとも慈魁とおれと■■さんは名前を知ってるわけだから、それってすごいことだよね」といってきて、たしかにそうだ、と思いました。

遠くはなれたカンボジアにいるその子の存在を知っている人が、私の職場に3人はいる。

言われてなるほどと思いました。


私には、里子がいます。

カンボジアの、10歳の女の子です。

里子支援をしてから、もう6年になります。

でも、実は2人目なのです。

1人目は、2年前に里子支援の事務局から連絡があり、家が貧しすぎて、どこかへ引っ越してしまい、学校に通うことができなくなってしまいました。

引越し先もわからず、おそらくは、親の仕事の手伝いをしているのでしょう。

そのまま、他の子の支援にかえてもらいました。

ことの発端は、もともと何かできることはないかと私が思い悩んでいた時期に、妻がみつけてくれたのがカンボジアの教育里子支援でした。

寄付金が派手な宣伝費用やスタッフの給料に消えていく詐欺まがいの募金団体ではなく、寄付が確実に活かされる地道な支援団体をインターネットで探してみつけてくれました。

支援金額は、年間1万5千円です。あとは年会費が初年度が3000円、年度以降は2000円。

年間、たった1万5千円の支援で、カンボジアの子供ひとりの1年分、給食つきの支援ができるのです。

1万5千円を12で割ったら、ひと月1500円。

1日にして約50円。

それで、子供1人が読み書きができるようになると思えば安いものです。

カンボジアでは、大人たちがほとんど字の読み書きができず、そのためにだまされたりして、そんな貧しい家庭で育つ子供達も学校なんかいけず、農作業の手伝いをさせられたりしています。

もし学校で読み書きを習うことができるようになったら、また学校で学ぶということを覚えたら、大きくなって自分ひとりでも勉強して、将来の可能性が広がることでしょう。

だまされることも防ぐことができるかもしれません。

子供達の可能性が、選択肢がふえるということが、ものすごく重要だとおもいます。

もしかしたら将来、読み書きを覚えて、カンボジアの発展に貢献する子たちがでてくる可能性だってあるのです。

カンボジアだけじゃなくて、世界中の子供達には、可能性を広げてあげたいです。

そういう世界にしましょう。


カンボジア里子教育支援「アジア交流協会」のサイト
19:49  |  想うこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  ↑Top

2010'07.29 (Thu)

私が描く理想の世界

私は本当は、生活のための労働時間は本来必要最低限でいいと思っていますので、それ以外は人生を謳歌する、自分のしたい活動に当てられればいいと思っています。

みなさんがそれぞれ本当に好きなことをされるのが本来のあり方だと思うのですが、これはちょっとむずかしいテーマですね。


ここですこし私の理想の世界を描かせてください。


とりあえず生活のための労働時間が基本的に一日3時間で十分世界のみんなが生活できるとしたら、どうでしょうか。

それ以外は本当に好きなことができる。他者に迷惑をかけること以外は自由です。

ある人は絵を描き、ある人は何か創造的なことして、ある人は料理を作り、ある人は旅をする。

スポーツをし、発明や研究をする。

ある人は音楽を創造し、歌を歌う。

ある人はデートをするかもしれないし、子供と遊ぶ。


物語を構想し、映画を撮影する。

もちろん寝てすごしたってそれもかまわない。

そして、季節ごとのお祭りと、みなさんの創造した作品を鑑賞するフェスティバルが開催されるのです。

みんなの創造したものを、お互いに鑑賞し合って、楽しむんです。

もちろん、順位は決めませんが、その中で人気があるものには、自然と人々が集まるでしょうし、次の作品も期待されるでしょう。

もしくはスポーツなどの祭典もします。これは現在のオリンピックと同じようなものですが、決して順位を競うためのものではなく、あくまで全力で体をつかって楽しむためのものです。


これは私の想い描いているひとつの理想の文明世界です。

この理想世界を創造するには、さまざまな問題を解決する必要があります。

エネルギー問題、食糧問題、治安問題、環境問題、教育問題、治療施設問題etc。。。

そしてやはりもっとも重要な、人の愛情と思いやりの意識の問題。

愛情と思いやりの意識がなくては、せっかくのエネルギーも建設的に使うことはできません。


意識さえ変えることができれば、私が思い描くような世界は必ず実現できると信じています。


孫の世代ぐらいには、実現できるでしょうかね。

とても楽しみです。
20:30  |  想うこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2010'07.12 (Mon)

人の体は神聖なるもの

ちょっと考えさせられるニュース。



【「ワンピース」の声優逮捕 「入れ墨見せたくて」下半身画像をネット掲載】

インターネット上のブログに自身のわいせつ画像を掲載したとして、警視庁保安課と千住署は12日、わいせつ図画陳列容疑で、東京都新宿区新宿のバー「刀」経営でタレントの今村清憲容疑者(56)=同区新宿=を逮捕した。

 同課によると、今村容疑者は約10年間で400~500万円かけて全身に龍や蛇などの入れ墨を施していたといい、「ほぼ完成したので、みんなに見せて自慢したかった」と容疑を認めている。

 今村容疑者は「いまむらのりお」の芸名で、人気アニメ「ワンピース」に声優として出演していたほか、舞台俳優として活動していたという。

 逮捕容疑は、4月26日から6月17日までの間、自身のブログ上に自分の下半身の画像など、わいせつ画像計4枚を不特定多数の利用者が閲覧できる状態にし、都内の男性会社員(37)に見せたとしている。


http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100712/crm1007121655016-n1.htm




本人は、「わいせつ」ではなく「自慢」のつもりでブログに載せたのだろう。

そこにはまったく「わいせつな気持ち」はなかったのではないか。


むしろ閲覧者のなかに、画像を「わいせつ」なものとしてとらえる「わいせつな気持ち」があったから

問題になったのだろう。


前に「幸せな社会かどうかを判断できる基準」の記事で紹介したけど、

人間の裸体は、なにも恥ずべきものではない、宇宙意識によって創造された神聖なるもの。

はやく、「人の体をわいせつとして捉える」という意識がなくなればいいのだけれど。

20:05  |  想うこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。