スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2010'08.03 (Tue)

日本近海、生物の宝庫=1%の海域に、世界の14%―生物多様性調査・海洋機構など

バクテリアからほ乳類までの全海洋生物のうち、約14.6%が日本近海に存在することが、海洋研究開発機構などの研究チームの調査で分かった。

調査結果は2日付の米オンライン科学誌プロス・ワンに掲載された。

 海洋機構の藤倉克則博士(深海生物学)は「日本近海の生物多様性が世界有数であることが示された。データは国や地域、生物の分類群ごとに大きな差があるので、今後それらを埋める必要がある」としている。

 研究チームは国際的な取り組みの一環として、海洋機構や大学の研究者ら約50人態勢で、日本の排他的経済水域(EEZ)の生物について1953年以降の文献を調べ、データベース化した。

 その結果、日本近海の海洋生物は計3万3629種に上った。全世界の海洋生物種は約23万種が知られており、その約14.6%を占める。

 内訳はイカ、タコなどの軟体動物が最多の8658種、2位はエビやカニなどの節足動物で6393種。日本近海の固有種は1872種、外来種は39種だった。

 調査は各海域ごとに集計され、日本近海は26エリア中1位。ただ、バクテリアなどをのぞき、細胞核を持つ真核生物だけでみるとオーストラリア近海がわずかな差でトップになった。

 一方、日本では、正式な報告例はないが存在が強く推定される生物が約12万2000種存在するといい、今回確認された生物種は全体の約2割にとどまる。

 全海洋容積で約0.9%しかない日本近海に多様な種が存在することについて、藤倉博士は「さまざまな水温や潮流があり、多くの干潟など地形にも恵まれているからでは」としている。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100803-00000030-jij-soci


竜宮か!
スポンサーサイト
12:42  |  ニュース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2010'07.21 (Wed)

熱波の北半球、寒波の南半球

【7月21日 AFP】

真冬の南米は強い寒波に見舞われており、合計で数十人の死者が出ている。

 アルゼンチンでは、寒帯気団によって同国中央部の気温がマイナス14度まで低下し、33人の死者が出ている。

死者の多くは首都ブエノスアイレス(Buenos Aires)のホームレスだった。

 パラグアイでは、同国保健省によると、9人が低体温症で死亡。さらに3人が石炭ストーブから発生した有毒ガスを吸って死亡した。

同国の農業関係機関によると、北部地域を中心に1000頭の牛が寒さのために死亡したと見られている。

気象当局は、寒波と雨は今週いっぱい続くとの見通しを示している。

 通常なら気温20度以下に下がることのないボリビアの熱帯地域でも0度ちかくまで下がり、少なくとも4人が寒さのために死亡したという。

 チリでは死者は出ていないもようだが、普段は温暖な地域を含めた一部地域では大雪になっているという。

(c)AFP




(以下、南半球のWikiより)

南半球は北半球と比べ海洋の占める面積比率が大きく、南半球の81%を海洋が占める。

特に南緯50度から60度にかけては99%が海洋である。

この区域には陸地が少なく、遮るもののない洋上に絶えず強風が吹き荒れるため、古くから航海の難所として恐れられている。

そのため、この海域を指して吠える40度・狂う50度・絶叫する60度と呼ぶことがある。

<北半球との違い>

夏と冬が逆転する。(例えば北半球が夏のとき、南半球は冬である。)

太陽が東から出て「北」を経由して西に沈む。

や水の渦巻きが逆回転になる(ただし、熱帯低気圧レベルの地球規模での現象で、浴槽や洗面台の水流の渦は無関係である。詳細はコリオリの力現象を参照)。

気候区分における亜寒帯がない。北半球で亜寒帯に相当する緯度に陸地が存在しないからである。
そのため温帯から海を越えてすぐに寒帯となる。
22:13  |  ニュース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2010'07.12 (Mon)

スペイン決勝ゴールを決めたイニエスタの美談

亡き友に捧げた決勝ゴールとイエローカード イニエスタ


互いに何度もゴールを襲い合う死闘だった。
延長後半11分、セスクのパスを受けたイニエスタは右足を振り向いた。

シュートは遠かったオランダのゴールに突き刺さり、イニエスタはそのままスタンドに駆け出しながらジャージーを脱いだ。

規定から、イエローカードは覚悟のうえだった。アンダーシャツには「ダニ・ハルケ いつも一緒だ」と書かれていた。

警告を受けても、どうしてもこれを見せたかったのだ。彼に。

 ダニエル・ハルケはバルセロナ出身。エスパニョールの主将や、21歳以下のスペイン代表としても活躍した。

だが、昨年8月、遠征先のイタリア・フィレンツェのホテルで急死した。
急性の心臓疾患、26歳の若さだった。

同じバルセロナを本拠地にするエスパニョールの中心選手として、イニエスタやシャビ、プジョルには、おなじみの仲間だった。

 決勝ゴールとなる延長後半の得点を決めると、イニエスタは躊躇なくジャージを脱いだ。

主審は当然のように、笛を吹き、イエローカードをかざした。

イニエスタには覚悟の警告だったのだろう。

カードが飛び交った激しい決勝戦で、イニエスタは1枚も警告を受けていなかった。

これが2枚目で退場となったなら、イニエスタもジャージーを脱ぐことはなかったろう。

 いや、激しいゲームの中で、このアンダーシャツをみせるために、彼はファールを自重していたのかもしれない。

それぐらい、冷静なプレーと、熱いハートを平気で共存させることができる選手だ。


 シャビとともに、所属のバルセロナでもスペイン代表でもパスサッカーの中核をなし、時にドリブルで、時に意表をついたミドルシュートで常に相手を脅かしてきた存在。

スペインが熱望していたW杯を手にするとともに、友へのメッセージも送ることができた。

イニエスタには、思い通りの決勝を戦って「マン・オブ・ザ・マッチ」に輝いたことになる。



http://southafrica2010.yahoo.co.jp/news/ndetail/20100712-00000577-san-socc


12:41  |  ニュース  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  ↑Top

2010'06.25 (Fri)

露「ホンダが疾走」英「ライジング・サン」 海外メディアが日本を絶賛

■「日本は進化」世界驚き

 サッカーのワールドカップ(W杯)で、日本がデンマークを3-1で破り決勝トーナメント進出を決めたことについて24日、世界中のメディアや関係者が一斉に「日本は進化した」「感動的」などと称賛と驚きを持って伝え、特に先制ゴールを決めた本田圭佑選手を手放しで絶賛した。

 ◆「ライジング・サン」

 カメルーンとの初戦では「生ぬるい試合だった」(英BBC電子版)と日本代表に手厳しかった海外メディア。BBCは「感動的な日本」と称賛。また司会者として実況放送した元イングランド代表の主将で、名古屋グランパスエイト(現名古屋グランパス)でプレーしたこともあるゲーリー・リネカー氏(49)は、組織プレーと個人技でデンマークを上回った日本を「南アフリカ大会のライジング・サンだ」と絶賛した。

 さらに先制ゴールをけり込み、3点目につながるラストパスをゴール前で出した本田選手について、「本田はこの大会で得点王が狙えるのに、チームの勝利のため自分のゴールを譲った」と話した。

 ◆「歴史的な道開く」

 フランスのスポーツ紙レキップ(電子版)は「日本、イッポン」の見出しを掲げた。特に本田選手を取り上げ「本田を中心とするサムライたちは歴史的な8強進出への道を切り開くかもしれない」と予測した。

 「大会を通じて日本は大きな進化を遂げている」とたたえたのは、ブラジル民放テレビ・グロボ。日本が立て続けにフリーキックで得点すると「チームの質の高さを示した」とした。

 ◆「FK、世界の手本」

 勝敗予想で日本が勝つ確率を18%としたブラジルのUOLインターネットニュースは「日本はフリーキックで世界のお手本になった」と強調。先制点を奪った本田選手については「(フリーキックの名手だった元日本代表監督)ジーコのスタイルを想起させる」と分析した。

 世界屈指のゴールキーパーだったドイツのオリバー・カーン氏も、解説者として出演した公共放送ZDFで、「日本は2002年のW杯日韓大会以降、急成長している」と絶賛。

 ロシア大衆紙モスコフスキー・コムソモーレツ(電子版)は「ホンダが日本チームを疾走させた」との見出しで、CSKAモスクワの本田選手の活躍ぶりを、日本車になぞらえて絶賛した。韓国のニュース専門テレビ、YTNは「日本も韓国に刺激されて歴史を作った」とし、現場からは「固い守備を土台にセットプレーの状況を200%活用した」とリポートした。

 ■首相「心から祝福」

 菅直人首相は25日朝、日本が、2度目のW杯ベスト16入りを果たしたことを受け「この快挙を心から祝福します。日本中が皆さんから元気と誇りをもらったことでしょう」とのコメントを発表した。

 決勝トーナメントに関しては「岡田監督の下でチーム一丸となって健闘し、さらに活躍されることを期待します」とした。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100625-00000065-san-int
17:23  |  ニュース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。