スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2010'07.27 (Tue)

英雄が故郷に帰るときのように

死に対する恐怖を

けして自分の心に入らせないようにして

生きるべし。

それぞれの宗教のことで

誰とも問題を起こすべからず。

おのおのの人間のものの見方を敬い

相手にも自分のものの見方を敬うように求めよ。

生きることを愛し

おのれの人生を十全なものとなして

与えられるすべてを

ことごとく美しいものとなせ。

できうるかぎり長く生き

一族のために奉仕する道を探し求めよ。

偉大な分水嶺を越えてゆくその日のために

高貴なる死の歌を用意しておけ。

人けのないところで

誰かと出会ったり

すれ違うようなことがあれば

それが友だちであれ、また見ず知らずの他人であれ

常に一声かけるか、声を出さないまでも

仕草で相手に敬意をあらわすべし。

すべての人に敬意を態度で示せ。

だが誰に対しても卑屈な態度をとるべからず。

朝、目を覚まして起き上がったときには

食べるものと生きることの喜びに感謝を捧げよ。

もし感謝を捧げる理由が

おのれのなかに見つけられないときには

その誤ちは

ひたすらになんじがうちにあることをわきまえよ。

誰に対しても

なにに対しても

虐待をしたり、迷惑をかけたり

おぼれたり、価値を卑しめたりしてはならない。

そうした行為は

賢者を愚者にし

ヴィジョンからスピリットを奪いさる。

そしていざ、自分に死ぬときがきたら

死ぬことの恐怖に胸を詰まらせ

涙ながらにもう一度

これまでとは違うようにあと少しだけ

生き長らえさせてくださいなどと

祈ったりするようであってはならない。

おまえは自らの死の歌をうたい

英雄が故郷に帰るがごとく

死地に赴け




(ネイティブ・アメリカンのショウニー国の偉大なチーフだったテクムシェの言葉。
 テクムシェは「天駆けるパンサー」という意味。
 これは彼が1813年にアメリカ陸軍との戦いで命を失う前年、甥のスペニカロウブに
 戦士としての心構えを伝えるために語った遺言である。)


-地球のレッスン より-
スポンサーサイト
06:38  |  北山耕平  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  ↑Top

2010'07.23 (Fri)

内なる戦士を大きく育てる方法

内なる戦士、「インナー・ウォーリアー」と心理学者が名づけたものを、より大きく育てる最も優れた方法はなんだろうか?

それはおそらく自分が望むような勇敢さ、強さ、生き方(死に方)を体現している「役割モデル」を選ぶことである。

戦士的な生き方があたりまえだったネイティブの伝統文化を守る共同体においては、そうしたモデルとなる人はそれこそいくらでもいた。

そういう人たちがどのような存在だったのかは、その名前と共に長く語り継がれてきた。

名前を聞けばその人がどういう戦士だったのか即座に理解できる偉大な戦士が、夜空の星のごとくきらめいていた。

国家の奴隷となってしまって長い年月を経た国においては、戦士として名を残している人は限られてしまう。

今を生きるぼくたちが内なる戦士を育てるためには、どうすればよいのだろうか?


まずは自分からそのモデルとなる人間を見つけなくてはならない。

あなたが称賛する生き方をしている神話や伝説の登場人物、映画や本に描かれたキャラクター、

自分がそういう生き方をしたいと願うような特定の「戦士」を選び出すこと。

その人と直接会えるのなら会いに行くか、会えない過去の人の場合は、その人に関するありとあらゆる情報、伝記を読み、言い伝えを調べ、その人に直接出会ったことのある人の話を聞きに出かけたりして、とにかくさまざまなあなたにとって価値ある情報を丁寧に集め、そのなかに浸ること。

そのうえで毎日のように黙想してそのなかでその人物と出会い、自分がなぜその人に惹きつけられるのか、そのエネルギーの質を検証する。

そのようにして自分の内側にそれと同じ可能性が息づいていることを確認していく。

自分がそうしたエネルギーを扱えるだけの器であるかどうかを確かめつつ、自らの内側でくすぶっている勇気の炎をより大きく燃やし続けるようにしていく。

これは、もちろんそう簡単なことではない。

役割モデルとなる人物のすぐそばにいて、その人の一挙手一投足を目を皿のようにして見ることができれば、事情はだいぶ違うのだろうが。

しかし、ぼくはそれでもこの方法は有効性を持っていると信じる。



(地球のレッスン)
19:45  |  北山耕平  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2010'07.23 (Fri)

内なる戦士の目覚め

戦士というのは、「兵隊」とは180度異なる。

兵隊は上官に命令されるまま動く(命令がなければ動けない)が、戦士は男であれ女であれ、自らの意志で、自らの信ずるもののために自発的に行動する。

彼あるいは彼女は、どのような挑戦も障害も乗り越えて目的を貫く。

戦士は彼もしくは彼女が信じていることのために耐える強さをもつ。

信じるものを守るために正直に話し行動する。

あまりにも弱くて自分では戦えないものを守るために立ちあがる。

内なる戦士がまだじゅうぶん開発されていないときから、たとえなにかを守らなければという熱い思いはいまだ感じられなくても、自分のなかのその部分にうすうす気がつきはじめ、戦士の自分を呼び覚ましたいと思いはじめる人もいる。

ある特定の関係のなかで、または特別な状況下において、自分のなにかを守るために立ちあがらなくてはならないときがくるかもしれない。

あるいは、夢を実現させようと思いたつとか。

それを形あるものにするためには、勇気とか、それを成し遂げるためのエネルギーといった戦士の持つ力が必要になるときがくるだろう。

あるいは自分のなかに巣食っている恐れだとか不安だとか無力感に気がついて、内側で眠りこけている盟友としての戦士を奮い立たせることは、あなたが人生を変えるために必要としていたものである可能性もある。

すでにうすうす気がつかれているかもしれないが、「内側で眠りこけている盟友としての戦士」とは、心理学的な用語などではなく、われわれが日本人化していく過程のなかで眠り込ませざるをえなかった内なる「ネイティブ・ジャパニーズ」の部分でもあると、ぼくは信じる。

個人的にはどうあれ、日本人論的に言うならば、われわれは便利なものの世界に屈服して弥生的な生き方を受け入れた(国家の奴隷となった)ときから、地球に生きる人としての「戦士」である部分を封印し、深いまどろみのなか、それを奮い立たせることなく数千年が過ぎようとしているのではないか。


(地球のレッスン)
19:28  |  北山耕平  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2010'07.12 (Mon)

幸福でいることが一番良いというホピの教え


いつだって幸福でいること

とかく心配事は病気の種


怒ることは悪い癖

罪を犯さず怒りをためなければ


人間はそれなりに長生き

罪を犯せばその悪い考えが病を引き起こす


幸福であることはただ良いだけでなく

とても健康的でもある



(地球のレッスンより)
19:45  |  北山耕平  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2010'07.12 (Mon)

地球で生きていくための十の戒め


1. 大地はわれわれの母親。 母親をいたわれ。

2. おのれにつながるすべてのものを尊べ。

3. 心と魂を偉大なる精霊に開け。

4. 命はすべて聖なるもの。 命あるものはすべて敬って扱え。

5. 大地から収穫するときは 必要なものを必要なだけ。

6. なにかをするのなら すべてのもののためになることを。

7. 日々、絶えざる感謝を偉大なる精霊に捧げよ。

8. 真実を口にせよ。 ただし、他のものにとって良きことのみを語れ。

9. 自然のリズムに従え。 太陽と共に起き、太陽と共に寝につけ。

10. 人生という旅を楽しめ。 だがなにひとつ跡は残すな。



(地球のレッスンより)
19:42  |  北山耕平  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。