スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2010'09.06 (Mon)

蓬莱山で会いましょう

さてこの度の記事をもって、このブログを閉じたいと思います。

もともと自らの興味ある事を電子化しようと思いはじめたブログでした。

大切なのは家庭であり仕事であり今を精一杯生きること。

生活すること。生命を活かすこと。

そう思います。

これから世界がどうなるかは、なってみないとわかりません。

この世界の行く末を見守りつつ、日々生きていきます。
また人を信頼して、自分にできない事はお任せして、自分にできる事は微力ながらお手伝いしていきます。
そしてイメージ、想像することはとても大切なことだと思います。

イメージひとつで、自分の世界が大きく変わります。
訪問してくださった方、ありがとうございました。

あなたのあなたにしか歩めない道に幸あらんことを。
慈魁
スポンサーサイト
19:43  |  和の世界  |  TB(1)  |  CM(1)  |  EDIT  |  ↑Top

2010'08.28 (Sat)

荒野を子供達の笑顔溢れる菜の花畑に変えた人 ~アフガン・伊藤和也さんを悼む~

ブディアライ村。この何もない荒野を…
アフガン伊藤さん1

伊藤さんは赴任してから3年で菜の花畑に変えた!

アフガン伊藤さん2

(撮影・伊藤さん)

☆★☆★☆★☆

2008年8月26日、アフガニスタンで復興支援を続けていた「ペシャワール会」の伊藤和也さんが4人組の武装グループに拉致された。

伊藤さんを慕った1000人を超える村人が捜索・追跡に加わり、追い詰められた犯人はパニックとなって伊藤さんに発砲、弾は左太ももの動脈を撃ち抜き伊藤さんは出血死した。

まだ31歳の若さだった。

当初は政治目的の誘拐とされ過激派の犯行声明も出たが、犯人のうち逮捕された2人は「結局は金目当てだった」と自白。

そして「殺さないと思っていたのでボスが撃った時は驚いた」とも。

犯行の動機はどうあれ、失われた生命は戻って来ない。

僕は自分より10歳も若い青年が、文化も言語も異なる遠い異国の地で、高い志を持って飢餓から人々を救おうとしていたことに強く心を動かされた。

(中略)

最後に、伊藤さんが現地で撮影した子ども達の写真を紹介したい。

赴任当初の伊藤さんは、意気込みが強すぎて日本の技術を“教えてあげる”という気持が前に出てしまい、それを感じ取った現地の人と距離が開き悩んでいた。

その状況を変えたのが「写真」だった。

伊藤さんはアフガンで暮らした4年8カ月の間に3000枚もの写真を撮り溜めていた。

元々は作物の生育状況を記録するために撮っていたので、初期に写っているのは農作物ばかり。

ところが、遠巻きに伊藤さんの作業を見ていた地元の子ども達が、好奇心からだんだん近づいてきた。

やがて「撮って!撮って!」の嵐。

かくして伊藤さんのカメラの中には子どもの写真が溢れることになる。

そして伊藤さんになつく子どもを通して、その親たちも心を開くようになっていった。

アフガンでは外国人が女性や子供を勝手に撮影すると問題になりやすい。

安心しきった笑顔が広がるこれらの写真は、いかに伊藤さんが現地の人たちに親しまれていたかを静かに物語っている。


伊藤さん撮影
「ブドウ盗ったど~」(撮影・伊藤さん)
「伊藤君は怒る前にカメラを向けてシャッターを切っている。
少女達もまた逃げもせず、半ば見せびらかすようなポーズをとっている。
ここに伊藤君の優しさと伊藤君と少女達の関係が鮮やかに映し出されている」(同僚の言葉)



これらの写真で子ども達が収穫を手伝っている土地は、どこも伊藤さんが赴任した頃は荒れ地だった。

彼の31年の人生は、日本にいる僕らが知らないところで、数え切れない優しい笑顔を生んでいた。


※伊藤さんはアフガン派遣の「志望動機」の中で、“現地の人たちと一緒に成長していきたい”と書いていた。

農業技術を“教えてやる”のでも、同情して“援助してあげる”のでもなく、相手と肩を並べて一緒に成長していく。

この誠実な姿勢が現地の人に伝わっていったんだと思う。

※アフガニスタンの外相は「アフガニスタンの人々を支援している最中に亡くなり、アフガン政府はこの犯行を強く批判する。

ご家族と日本国民に深い同情と弔意を表したい」と声明を出した。

ペシャワール会のサイト

アフガニスタンの全人口は2500万人。

このうち1200万人が干ばつで被害を受け、現在500万人が飢餓状態にあり、100万人が餓死寸前という深刻な状況だ。

アフガニスタンは1979年の旧ソ連の侵攻、90年代の軍閥の内戦、2001年からの米国等の空爆作戦で国土は荒廃。

そこへ追い打ちをかけるように大干ばつが襲っている。

日本のNGO「ペシャワール会」は四半世紀も前から現地で医療活動を続けてきた。

現地代表・中村哲医師(61歳)は、長年の運動を通して最も必要なものは“水”であり、もし水がなければ農業が続けられず、日々の糧を得ることができない、しかも綺麗な水がなければ伝染病の蔓延を防ぐこともできないと思い至る。

そして各地で井戸を掘ると共に大規模な用水路の建設を始めた。

既に16.5キロが完成し、約5000ヘクタールの農地を復興させ、ペシャワール会の用水路1本で数十万人が食べられるようになった。

こうした活動に共鳴した伊藤さんは03年から参加し、農業支援を担当した。

( 以上、文芸ジャンキーパラダイス 写真展レポより転載 )


お父様 伊藤正之様 ご挨拶

お母様 伊藤順子様 ご挨拶 ~息子伊藤和也の一周忌を前に~

伊藤和也さん ワーカー志望動機の文章
23:26  |  和の世界  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  ↑Top

2010'08.16 (Mon)

今後どうすべきかを考える


今の世の中は「問題である」と言い続ける方向に動いています。

その事象が対処のできない問題だった場合、その対処できない問題に対して、

「問題である」とずっといい続けるのはどうなのでしょうか?

それよりも「もう、世の中ってこういうものだから、仕方ないよね」と諦めて、

今後どうすべきかを考えるほうが賢い選択ではないのでしょうか?



(有限会社未来検索ブラジル取締役・株式会社ニワンゴ取締役 西村博之)
21:21  |  和の世界  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2010'08.16 (Mon)

「あるものを活かす」


「ないもの」を求めず

「あるもの」を活かす


「どれだけ生きるか」ではなく

「どう生きるか」がたいせつ


「我」を捨てるのでなく、

「我」のあり方がたいせつ


(元プラス・テク株式会社常務取締役工学博士 清水明彦)
20:05  |  和の世界  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2010'08.15 (Sun)

vision 「生きること」

「生きること」


....旅をしてきた.





もうずっと...随分と長い間...





色々な国に暮らす沢山の人々...





この星のさまざまな場所を旅して、


様々な暮らしぶりをかいま見るごとに、感じ続けていることがある.





文明が造り上げたてきたもの...


そして、今も 未だ とめどなく 限りなく  創り続けていル.





最初、私たちはいったい何を求めていたのか、


すっかり 忘れてしまっているもの.





人類にとって、本当に大切なものって、なんだろう...











一番ひどい状態の ルワンダ という国に  ボランティアに行った友人がいる.


彼が、そこから戻って はじめたことがあった.


食料を送るより、ドラムを贈るということ.





生きる喜びを  奪われたとき、 人々は力を失う.


彼は、そこで共に暮らす間、 強く感じた.





彼らの亡くしたものは、歌い、踊る、喜びの力だった.











アメリカンインディアンのリザーベーションに暮らした時にも、


同じことを感じた.





いくら貧しい土地でも、その片隅に


かぼちゃの種でも  その辺にまいておけば、ちょっとした野菜は育つものだ.


でも、実際リザベーションのマーケットには 、野菜なんか 売っていない.





巧みに、何かが行われている.





彼らの生活をおびえさせていたものは、飢えることではなかった.


毎日毎日を、ただ食べるためだけに  生きている.








巧妙に仕組まれた、巧みな錯覚.








何かに、もうどうしようもなく ワクワクしたり、


喜びを感じたり、満たされるということに


だれかの 力とか お金とかって 必要だろうか.





世の中は、巧みに すり替えられ


奪われてしまっている何か  に満ちている.








インディアンの一人の、長い髪を三つ編みにしていた友人は、


その髪を切らないということが理由で、


リザベーションの学校から刑務所に 送り込まれた.





サンダンスと云って、ただ祈り踊るだけで


それらに隠された見ることのできない  大いなる力に おびえる政府は


ありとあらゆる方法で ことごとく それらを支えつづける賢者たちを 追いつめる.





それでも 彼らは  見えない力に支えられていた.











ベリーズとグゥアテマラの国境ぞいの とおげの村を


がたがたなバスで通っていた時...





夕暮れの静かな村


夕日に淡いマジェンタに浮かび上がる質素な家々、


文明国にはもう見つけられないような、 土の上に直にたつような家々.


夕飯の支度か 薪の燻る香りを嗅いで、とてつもなく満たされたことがある.





川で並んでお喋りしながら洗濯をする村の女たち...


そこには  


なんともいいがたい ...静けさとともに  調和と平和が漂っていた.











日本の  大都会で 、産まれ育った私だけれど、


ある時 何かを思い、その全てを捨てて  山に暮らした.


見よう見まねで  初めた暮らしだったけれど、


私の中の 何かは   満たされていた.





街に暮らしていた頃と比べたら、 その暮らしぶりは  一見とても貧しかった.


けれど、必要なものは  最低限 全て満たされていた、





むしろ   ただただ 生きている  喜びに満たされていた.





鳥の鳴き声と ともに目覚め、


小川のせせらぎに 耳を澄まし、 夜空に 星の 流れるのをおった.


自然は、時に厳しく、あらしの夜は 息を潜め、


それらが過ぎ去るのを ひたすら 待っていた.


でも、 そこには いつも  とてつもない  安心と 落ち着きが あった.





そこで暮らす間、飢えていること、 いつも何かを 探していることが なかった.











ただ.... そこに居たと思う.











まだ見ぬ土地を 旅するとき、 そこで目にする 沢山の情景に 心うたれた.


.....私は 、何かを 探していた.





長い旅の  途中、 その何かは  貧しい村の  薪の煙とともに訪れた.


忘れられない  瞬間だった.  心地よさと、懐かしさ.....








 


私たちが、無意識で していることが、 実は、沢山   あるね.


私たちが 飢えている時、 無意識に 沢山の 力の弱いものたちから


むさぼり続けているものが   あるんだよ. 





人間は 、意外とそんなに 沢山のものがなくても、満たされる ものだと思う.


むしろ、 そう云うものがない方が、  逆に   満たされ易い  のかも.








 


在りとあらゆる 、この星に  共に 生きるものたちが、


それぞれの場所で、  内なる力を 感じ、


静けさと..喜びと 共に暮らして いますように. いま、 この瞬間も.





私たちは、 それぞれの 暮らしのなかに居る、


この瞬間にも、 いつも 一つに 繋がっていて、


全ての全てを  無意識で 共有して. ...居るのだと思う.














目覚めて 居たい.  どの瞬間に  おいても...








thank you all my rerations

poem: keiko k. forest april 15th 2007


(keiko k. forest さんの詩)



keiko k. forest さんのサイト : Be Green ~living foundation~

keiko k. forest さんのブログ : Organic life of Hawaii
10:18  |  和の世界  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。