スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2010'08.03 (Tue)

体の中のpH(ピーエッチ・ペーハー)

人間のからだは、pH値が7.35~7.45を保つようになっています。

食品によってからだが、酸性やアルカリ性に傾倒する事はありません。

例えば、酸性食品と呼ばれているものばかりを食べている人は、pH値が7以下の酸性を示すかというとそうではなく、ちゃんとpH値が7.35~7.45の間になっています。

調査によると典型的な肉食のエスキモーの人たちを調べると、pH値が7.35~7.45の間になっていますが、尿や汗が酸性傾向が強い事を示しているそうです。

つまり、からだをアルカリ性にする為にアルカリ性食品ばかりを食べていても、からだはアルカリ性になるのではなく、肉ばかりを食べている人のからだが酸性になる事は、決してないのです。

食品は、それぞれに重要な役割を持っています。これは酸性食品だから、これはアルカリ性食品だからと過敏に反応せずに、バランスのとれた食事を心がける事が、最も大切なのです。


化学物質単独で考えると、酸の代表は塩酸、塩基の代表は水酸化ナトリウムといったところだと思います。

どちらが危険(怖い)かと、質問されると回答に困りますが、個人的には水酸化ナトリウムの方が怖いです。

理由は、簡単です。痛くないからです。

日常生活を考えると、ほとんどの人がアルカリ性洗剤を使用し、酸性であるレモンを食べています。

これらが危険(怖い)かというと、そんな事はありません。
(例外的に過敏な方もおられます。)

では、習慣的にそういったものを口にするのは大丈夫なのでしょうか。

これを考えると、少し危険度は変わってきます。

習慣的に酸またはアルカリに偏った食生活は危険です。

結論的には、バランスのとれた食事が最も大切なのです。


(phってなに? より抜粋)


人間の体は、弱アルカリ性を保つように体全体で調整してくれているんですね。

だから極端な酸性のものやアルカリ性のものを多く摂取することは、体にとって弱アルカリを保つために大きな負担をかけることになる、ということなんですね。

スポンサーサイト
07:07  |  健康  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2008'08.24 (Sun)

竹炭パワー

竹炭や木炭には、すごい力が秘められている。

・遠赤外線効果

・消臭・脱臭・空気清浄効果

・防湿・湿度調整効果

・鮮度保持効果

・抗菌効果

・マイナスイオンを集める効果

・ごはんが美味しく炊ける

・植物がよく育つ

・お風呂の水がやわらかくなる

etc・・・


このように竹炭・木炭は、こんなに多くの素晴らしい効果のある、究極の癒しグッズなのです。

その秘密は、炭のもつ構造と性質にあります。

■炭の優れた吸着力

炭の表面には、無数の小さな孔があいているため、非常に大きな表面積を持つことになります。
たとえば、炭1gの表面積は畳で200畳分にものぼります。
竹炭の特徴は、この表面積がそのほかの炭(備長炭など)と比較して非常に大きな点にあります。
また、さまざまな大きさの孔を持っているので、多様な物質を吸着することが可能です。


■水に入れると有害物質を吸着して、ミネラルを含む美味しい水に変えてくれる

竹炭には豊富なミネラル成分(無機質)が含まれていることも特徴です。
その含有量は、木炭の数倍ともいわれています。
カリウム、珪素、ナトリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、マンガン、ゲルマニウムなど、生命に必要なミネラルをバランスよく含んでいます。
昔の日本でも井戸水を汲んで水を容器にため、木炭を入れて浄化して飲み水に使っていたそうです。

■優れた消臭効果

昔話や時代劇にでてくるおむすびは竹の皮で包まれていることが少なくありません。
また、水を入れたり、魚を運ぶときに魚の下に敷いたりもされます。
これは、昔から竹の抗菌作用が経験的に知られていたということです。
その理由は、竹炭の持つ活性珪酸と呼ばれる物質によるものと考えられています。
活性珪酸はとくに生臭さの原因物質のトリチルアミンの吸着効果に優れています。
また、竹炭(灰)のPH値は、弱アルカリ性~アルカリ性を示します。
ばい菌の多くは弱酸性を好むので、この点でも抗菌効果に効果があります。

参考:竹炭.com

私も生活に取り入れています。

・各部屋の四隅にカゴを用意して、竹炭と備長炭を入れています。

・寝室のベッドの下に敷いたスノコの上に。安眠効果があります。

・玄関にある靴タナの中に。消臭効果。

・冷蔵庫や米ひつの中に。鮮度保持効果。

・トイレや車の中に。消臭効果。

・お風呂の中に。調湿効果。

このように低コストで、日常生活の様々な使い道があります。


みなさんも生活に取り入れてみてはいかがでしょう。

オススメいたします。

楽天やネットショップで販売しているお店が多いので、お手軽に手に入りますよ。
18:21  |  健康  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2008'02.12 (Tue)

エドガー・ケイシー

只今、エドガーケイシーに夢中。
スゴスギだ。

訪れた全て人々の疑問に的確に答えてくれたという。

中でも特に健康や医療に関する答えは実際に効果があり、

現在も療法が実践されている。

その口述内容は現在アメリカのエドガー・ケイシーセンターに補管されていて、

数多くの研究者に利用されている。

素晴らしい。












01:46  |  健康  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。