スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2006'04.28 (Fri)

手のひら

なんとなく自分の手のひらを観察してみた.
その美しさに感動してしまった.

指を構成する微妙なラインの曲線美.
丸いカーブを描く先端.
まるでミロのヴィーナスの彫刻のようだ.

手のひらに透けて見える青紫の血管.
刻まれた無数の刻印とも思われる皺.
ほのかに赤みかかった全体の微妙な色彩.
そしてこの手を通して伝わるあらゆる感覚.
機能性としても、完璧.

あらためて、人間をデザインした創造主に敬意を感じ、感謝した.

あなたも、改めてじっと自分の手を観察してみてください.
その美しさと、自らが創造された存在である事を再確認できますよ.
スポンサーサイト
03:54  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2006'04.12 (Wed)

さっそく・・青森県核燃料再処理でトラブル発生

プルトニウム含む水漏れる 核燃再処理工場

日本原燃は12日、試運転(アクティブ試験)中の青森県六ケ所村の使用済み核燃料再処理工場内にある前処理建屋の小部屋内で、プルトニウムなどの放射性物質を含む水約40リットルが11日未明に漏れたと発表した。
 日本原燃によると、小部屋は厚いコンクリートで密閉されているため外部への放射線の影響はない。3月31日の試運転開始以来、初めてのトラブル。試運転スケジュールの変更はないとしているが、青森県は「大事には至らなかったが、県民に不安を抱かせないよう慎重にやってほしい」としている。
 青森県、六ケ所村との間で取り決めた「トラブル対応要領」の「放射線管理区域内での放射性液体の軽度な漏えい」に当たるとして原燃は12日午後に発表した。
(共同通信

・・・心配だな~
もっと安全に管理できるようになってからじゃないと
こういう施設は非常に危険だと思う.


21:09  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2006'04.09 (Sun)

青森県六ケ所再処理工場でアクティブ試験始まる

ヤバイよ・・コレ!
キョウジュのブログで知ったんだけど、

「日本原燃の再処理工場(青森県六ケ所村)で31日、試運転(アクティブ試験)が始まった。国が進める核燃料サイクルの中核施設で、原子力発電所の使用済み核燃料を初めて使い、プルトニウムを取り出す。商業用としては初の処理工場。プルトニウムはウランと混ぜた混合酸化物(MOX)燃料にして、原発で再び利用するプルサーマルで当面、使われる。 (中略)
再処理工場の試運転が始まると、クリプトンやトリチウムなど放射性物質が海水や大気中に放出される。原燃は「極めて低い値で人体には影響ない」とするが、環境保護団体などから農水産物への汚染を懸念する声も出ている。 」asahi.comより

「人類はまだ核燃料を完全には制御できていないのだから、
そんな半端な技術力で核エネルギーを使用してはいけない.」
・・というのが、意識のある人の意見なのだが.

大気・海水が放射性物質で汚染される.
河川や魚介類に蓄積される.それを食べる人間の体も汚染される.
原子力問題はずっと以前から大きな問題だけど、
こんなにあっさり(一部は反対したけど)計画を実行されると・・恐ろしいことだ.
スウェーデンなんかは何年も前に核燃料廃絶を決定したというのに、残念でならない.

参照:

再処理工場からの放射能は1日で原発1年分

大地を守る会 声明


放射能の危険性について





09:02  |   |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。