スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2009'09.24 (Thu)

海底の地震探査、シロナガスクジラの生態系に悪影響

【9月24日 AFP】石油・ガス採掘のための海底の地震探査が希少な世界最大の動物シロナガスクジラの生態系を乱している。このような報告が23日、英国王立協会(Royal Society)の専門誌「バイオロジー・レターズ(Biology Letters)」に発表された。

 スイス・チューリヒ大学(Zurich University)と米コーネル大学鳥類学研究所(Cornell Laboratory of Ornithology)の研究者らは2004年8月、シロナガスクジラの餌場となっているカナダのセントローレンス(St. Lawrence)湾で、11日間にわたりシロナガスクジラの鳴き声を録音する実験を行った。

 その結果、海底に音響パルスを送り反響音で地勢図をとらえる小中規模の装置「スパーカー」が利用された日には、シロナガスクジラの鳴き声が通常の2.5倍以上も確認された。これは人間に例えると、道路工事用ハンマーを使用している隣で言いたいことを叫んだり繰り返したりしなければならない状態に近いという。

 今後の調査で、シロナガスクジラが音響パルスによりストレスなどの問題を受けているかどうかが分かるという。

 単独で行動する傾向が強く常に泳ぎ続けているシロナガスクジラにとって、餌場は小さな領域に集まり交流する数少ない場所となっており、音響パルスが交尾の妨げになる可能性もあると研究は指摘する。石油・ガス探査が行われる領域は深部におよぶようになっているが、それがクジラの食性や回遊性に与える影響についてはほとんど明らかになっていない。

 同誌に発表された4月に実施された実験によると、超音波探査機によって繰り返し発せられる非常に大きな音波により、バンドウイルカの聴力が一時的に失われることが確認されている。

 体長33メートル、体重180トンにもなるシロナガスクジラは、1966年に捕獲禁止措置がとられるまで乱獲により絶滅寸前に追いやられ、2002年のカナダの研究によると、現在の生息数は5000~1万2000頭と推計されている。(c)AFP


クジラが可哀想だ。
ってかガス・石油なんてもういらなくな~い?
ひと世代前の技術じゃん。

これからは、クリーンで環境に好影響をもたらすフリーエネルギーの時代だよ。

スポンサーサイト
23:32  |  和の世界  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2009'09.24 (Thu)

エイズ感染リスク3割減少?=2種類混合の新ワクチン(疑わしい記事)

【バンコク時事】タイ保健省は24日、2種類を混合したワクチンにより、エイズウイルス(HIV)の感染リスクが約3割減少したとする臨床試験結果を発表した。同省は「HIVワクチンの予防効果が立証された初めての例であり、大きな躍進だ」としている。
 AFP通信などによると、タイと米国の研究者が協力。仏企業製のカナリア痘ワクチンと米国の製薬会社が開発したHIVワクチンを組み合わせて使用した。
 試験は2003年、タイ中部チョンブリ、ラヨン両県で実施。HIVに感染していない18~30歳のボランティア男女約1万6000人の半数にワクチンを投与した。 

まずは全てを疑ってかかろう。
この手の記事・発表は特にだ。

企業と製薬会社。
どちらも商品が売れることを至上目的としている利益追求の「企業」であること。

まるで 「お金を払ってワクチンを打てば、HIVになりにくくなりますよ~」と
コマーシャルしているように思える。

何の根拠があってかもよくわからない。

この手の発表には、気をつけよう。
23:25  |  想うこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2009'09.24 (Thu)

灯台 光源を電球からLEDに

全国の灯台で光源を電球から発光ダイオード(LED)に切り替える動きが広がっている。太陽光発電と組み合わせて環境負荷を低減できるだけでなく、電球交換など保守の負担も軽くなる。京都府内では約半数の灯台でLED化が進み、「海の道しるべ」は徐々に灯台守の手を離れつつある。
 ■太陽光発電で環境負荷と保守軽減
 福井県から島根県までの灯台を管理する第8管区海上保安本部(舞鶴市)によると、管内には灯台などの「光波標識」が310基あり、2009年度内に196基のLED化が完了する。太陽光発電パネルも199基に設置予定で、二酸化炭素排出量を年間7・4トン削減できるという。
 府内には30基の灯台があり、13基でLED化、19基で太陽光発電を行う。
 LED化で90日に1回程度の電球交換が不要になる。太陽光パネルの併用で、台風による送電線の切断や落雷による故障の心配も減るという。
 伊根町亀島の鷲岬にある「丹後鷲埼灯台」ではこのほど、海上保安官や電気設備業者が付け替え工事を行った。1975年の初点灯以来、海を照らしてきた直径約30センチのレンズを外し、約360個のLEDを並べた灯器に取り換えた。
 入庁当初に灯台で1週間滞在する灯台守を経験した同本部交通部の藤島充良課長(51)は「昔の灯台は本当に手間がかかった。管理の負担が減るのはありがたい。ただ、ちょっと味気なくも感じますね」と少し寂しそうに話した。

航海の安全のために、
また地球環境のためにもいいんじゃないかな。
23:18  |  科学  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2009'09.24 (Thu)

クジラの死骸だけを食べる新種の生物が9種類発見された

死んだクジラだけを食べる新種の生物が9種類発見された。バラエティーには欠けるメニューだが、クジラ1頭の死体で20年間、何世代も食いつなぐことができるという。

 海底でクジラの死体にありつくこの虫は、スウェーデンとカリフォルニア州沖で遠隔操作の潜水調査船によって収集された。腐食性の多毛類(ゴカイなどの仲間)の一種で、朽ち果てていくクジラの骨を覆うバクテリアを食べることに特化している。DNA鑑定を行ったところ、未知の種であることが確認された。

 研究成果を発表したスウェーデン、ヨーテボリ大学のチームに所属する動物学者ヘレナ・ビークルンド(Helena Wiklund)氏によると、ヌタウナギやサメなどがクジラの肉を食い尽くした後に、この長さ2センチほどの虫たちの出番になるという。

「クジラの大きさによっては、何世代にもわたって20年ほど住み続けることもできるだろう。大きなクジラの骨は非常に長い間、海底にとどまるから」と、ビークルンド氏は言い添える。

 しかし、ついにクジラが食べ尽くされると、虫たちは別のクジラの死体を探さなければならない。これは相当な長旅になる可能性もある。

 この小さな生物がどのようにクジラからクジラへと渡るかは、いまだ謎のままだ。ただしビークルンド氏によると、多毛類の中には微小な幼虫期に海流に乗ることができる種もいるという。「クジラの死体はかなり長い間、油脂を漏らし続けることがある。おそらく、幼虫たちは水中でこのにおいを感知して、次のクジラに狙いを定めるのだろう」。

 深海に沈んだ巨大なクジラの死骸に依存する生物は鯨骨生物群と呼ばれ、熱水噴出孔などのバクテリアに依存して生きる生物がクジラの骨を他の海域へ拡散するため足がかりにしているのかもしれない。


地球にはまだまだ未知の生命がたくさんいるんだね。

友達がふえたみたいで、なんだかうれしい。
23:15  |  生物  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2009'09.24 (Thu)

月面で水の存在を観測 米国やインドの3探査機

月の表面は従来考えられていたように乾燥しておらず、水分が広く存在している証拠を観測したと、インドの無人月探査機「チャンドラヤーン1号」など三つの探査機の研究チームが24日の米科学誌サイエンス(電子版)に発表した。

 水が存在すれば、将来の有人月探査で飲料水としたり、水を分解して得られる酸素や水素を燃料などに利用できる可能性もあり、月探査計画に影響を与えそうだ。

 観測したのはチャンドラヤーンのほか、米航空宇宙局(NASA)などの探査機カッシーニと同ディープ・インパクト。

 3チームは、月表面が反射した太陽光の波長により土壌に含まれる成分を解析したところ、月表面の大部分から、水や、水素原子と酸素原子が1個ずつ結合した分子の「水酸基」の波長をとらえた。チャンドラヤーンのデータでは、水や水酸基は極域に近づくほど豊富に存在していた。

 米チームによると、水や水酸基は地表か、地表から数センチの深さにある岩石やほこりにくっついた形で存在。太陽から太陽風として飛来する水素イオンが、土壌の鉱物に含まれている酸素とぶつかり水ができたとみられ、水は現在も表面で形成され続けているのではないかとみている。

23:12  |  天体・宇宙  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2009'09.24 (Thu)

月面に水が少量存在か

月の地表に分布する岩石には、水か水酸化物が少量含まれているとみられることが、24日分かった。インドの無人探査機「チャンドラヤーン1号」に搭載された米航空宇宙局(NASA)の装置による観測成果で、米ブラウン大やインド宇宙研究機関(ISRO)などの研究チームが米科学誌サイエンス電子版に発表する。
 月には大気がなく、地表に海や川はない。1960年代から米アポロ宇宙船や旧ソ連の無人探査機ルナなどで採取され、地球に持ち帰られた岩石試料の分析でも、水はほとんど含まれていないとみられていた。
 月面を可視・近赤外線で観測するNASAの装置では、岩石の表層数ミリに、水か水酸化物が少量含まれるデータが得られた。これは、太陽から放出される電離粒子「太陽風」に含まれる水素イオンが、月面の酸素を多く含む粒子と反応して生じた可能性が高いという。

へえ~
月面には酸素を多く含む粒子があって、
水もあるんだね。
つまり月には酸素も水も存在しているんだね。
フムフム・・・。
23:10  |  天体・宇宙  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2009'09.24 (Thu)

巨大アンテナ 宇宙の起源探す チリの山頂に設置 

日米欧などが南米チリのアタカマ砂漠で建設中の世界最大の電波望遠鏡「ALMA(アルマ)」計画で、望遠鏡を構成するパラボラアンテナの最初の1台が標高約5000メートルの山頂に到着したと、国立天文台(東京都三鷹市)が23日、発表した。山すそから計66台以上を順次移設し、12年の本格運用を目指す。

 アルマ計画は約20カ国が参加。JR山手線内側の面積の約4倍に当たる約270平方キロの広さに66台以上のパラボラアンテナを並べ、1台の望遠鏡として宇宙からの微弱電波をとらえる。暗黒星雲の内部などを高精度で観測し、宇宙の始まりや生命の起源に迫る観測成果が期待される。

 第1号のアンテナは直径12メートル、重さ100トンで、日本の国立天文台が製作し、18日に到着した。標高5000メートルの高地は酸素濃度が薄く作業が困難なため、標高2900メートルにある施設で組み立てを行い、約8時間かけて台車で山頂まで移動させた。【足立旬子】


日本がんばったね。
新しい発見に期待だね。
「宇宙の始まり」って一体どうやって知ることができるんだろう?
23:04  |  天体・宇宙  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2009'09.24 (Thu)

核廃絶の決議案採択へ

【ニューヨーク時事】国連安全保障理事会は24日午前(日本時間同日夜)、オバマ米大統領主宰の核不拡散・核軍縮に関する首脳会合を開き、「核兵器のない世界」の実現を目指すことをうたった決議案を採決する。同案は全会一致で採択される見通し。
 米大統領が安保理首脳会合を主宰するのは初めて。核不拡散と核軍縮のテーマに特化した安保理での首脳会合も前例がなく、米国は国際社会の平和と安全に関する決定を行う安保理で、核廃絶の目標に懸ける決意を示す。 


本当に核を廃絶してね!!
全ての武器を花にかえようね!!
22:56  |  和の世界  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2009'09.18 (Fri)

1000キロ続く雲の道『モーニング・グローリー』

この不思議な長い雲は『モーニング・グローリー』と呼ばれるものだ。長さが1000キロメートルほどにもなり得るし、最大で時速60キロメートルという速度で動く。飛行機の飛行に問題を生じさせることもある。

[モーニング・グローリーは高度1〜2kmにできる。スコールと呼ばれる強い風が吹き、低い高度には激しいウインドシアができるため、この雲の通過時には地上でも短時間で大きく気圧が変動する。生成には海風前線などが影響していると考えられている]

同様の形をしたロール雲は地球上の各所で見られるが、オーストラリアのクイーンズランドの小さな町Burketown(バークタウン)で、秋になると見られるものが有名だ。この雲を発生させる気流に乗る「クラウド・サーフィン」のために、グライダー乗りには人気スポットだ。
01:18  |  科学  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2009'09.18 (Fri)

「飛行機からレーザーで地上攻撃」実験に成功

米Boeing社が9月1日(米国時間)、化学レーザーを搭載した輸送機『C-130H』を使う、いわゆる『Advanced Tactical Laser』(高度戦術レーザー兵器:ATL)が、「戦術上代表的な攻撃目標」である地上の駐車車両の攻撃に成功したと発表した。

これは、新たな可能性への第一歩だ。ほとんど巻き添え被害なしで、地上の攻撃目標を破壊したり使用不可能な状態にしたりできる、指向性エネルギー兵器を実装したガンシップも夢ではない。[C-130に重火器を積んだ]ガンシップ『AC-130』のような既存の対地攻撃機は、口径20ミリのガトリング砲や105ミリ榴弾砲のような攻撃面積が広い兵器を採用している。

ATLの最近の実験は、ニューメキシコ州にあるホワイトサンズ・ミサイル発射場で行なわれた。実験では、C-130Hのビーム制御システムが、攻撃目標である駐車車両を捕らえて自動追尾し、レーザービームを誘導した。

ニュースリリースによると、レーザービームは「車両を無能力化した」らしいが、「無能力化」が正確には何を意味するのかは不明で、今は詳細情報を待っている状態だ。

万事説明通りに運んだのであれば、レーザーの歴史において画期的出来事となるのは確実だ。だが、Wired記者のNoah Shachtmanが昨年指摘した(日本語版記事)ように、実戦用モデルの実現は何年も先のことだ。ATLは化学レーザーを利用しているため有毒化学物質が入ったタンクが必要だが、米軍としては最終的には、電力を用いたレーザーに切り替えて、もっと配備しやすい機載光線銃を開発したいと考えている。

[米軍は、ATLのほか、レーザーでミサイルを迎撃する『YAL-1』において、メガワット級の酸素-ヨウ素化学レーザー(COIL)を搭載している。COILでは、反応によって大量のハロゲン化合物が成層圏に放出されるが、発生するハロゲン化合物はフロンガスの比ではなく、オゾン層への悪影響が懸念されている。また搭載される水酸化カリウムと過酸化水素は非常に反応性が高い危険な薬品であり、扱いが難しいという問題もある]


破壊兵器がまた開発されてしまった・・・
創造するものがいれば、破壊するものがいる。
世界とはそういうものなのだろうか・・・
01:13  |  和の世界  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2009'09.18 (Fri)

人類が発見・合成した化学物質、5000万種類を突破

人類はこれまでに、5000万種類の化学物質を発見または生成してきた。そのほとんどは、第二次世界大戦後の過去数十年間に発見・生成されたものだ。

全米化学学会(American Chemical Society:ACS)のデータベースには、9月8日(米国時間)時点で5000万種類の化学物質が登録されている。この数字は、世界の化学業界の驚異的な成長を表すものだ。[CASは2008年11月21日に「4000万番目」の物質を登録している]

新しい化学物質が合成されたり単離されたりするペースには目を見張るものがある。最初に登録された1000万種類の化学物質は、手に入れるのに33年かかったが、データベースに最近登録された1000万種類の化学物質は、手に入れるのにたった9カ月しか要していない。これは一つには、ACSによる追跡調査の精度向上が理由だが、世界中の研究機関がおびただしい量の分子を生成(および特許取得)しているからでもある。

「世界中でこの1年間に、毎日昼夜を問わず、平均2.6秒間隔で新しい化学物質が単離されたり合成されたりしている」と日本の社団法人、化学情報協会(JAICI)の元会長である化学者の千原秀昭博士は説明する。

『ケミカルアブストラクツサービス(Chemical Abstracts Service:CAS)』レジストリは、既存のデータベースとしては最も包括的なものだが、CASにデータが収録されていない、特許権で保護されたもっと多くの物質が存在することは疑う余地がない。

[CASは全米化学学会の下部組織として、化学および関連分野の文献抄録誌『Chemical Abstracts(ケミカルアブストラクツ、略称CA)』を発行している。同誌は1907年に創刊され、現在では化学の研究に不可欠な巨大データベースとして世界中で利用されている。日本では化学情報協会がCASの代理業務を行ない、CAS登録番号取得の取次ぎも行なっている]

01:10  |  科学  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2009'09.18 (Fri)

国内初 人工授精ハタハタ、ふ化に成功 男鹿水族館

男鹿水族館GAO(男鹿市戸賀)で、人工授精により誕生し水槽内で育ったハタハタが産んだブリコから、初めて稚魚が誕生した。同館よると、同一施設内で人工授精から飼育したハタハタが産卵、ふ化したのは国内で初めて。「海を知らないハタハタの2世」となる稚魚たちは、早ければ来月下旬ごろ展示される。

 ふ化が確認されたのは今月15日。昨年2月に人工授精で生まれたハタハタが今年6月29日、展示水槽内の人工海草に初めてブリコを産みつけた。飼育用水槽に移されたブリコから稚魚3匹が誕生、16日には新たに約20匹がふ化した。いずれも全長12ミリほどで、水槽内を元気に泳いでいる。

 同館では、初産卵の日から今月14日までに71個のブリコを確認。このうち、半数ほどが順調に育っており順次、ふ化する見通し。飼育用水槽に随時、ブリコを移し、現在は親魚とともにブリコ6個を展示している。飼育員の宇井賢二郎さん(32)は「光の調整や振動への配慮などを重ねて長生きさせ、産卵にまでこぎつけた。稚魚をしっかり育て、海を知らないハタハタの3世、4世を誕生させていきたい」と話している。
01:04  |  科学  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2009'09.18 (Fri)

地中海に放射性廃棄物? 犯罪組織が運搬船爆破 イタリア

ローマ(CNN) イタリアの犯罪組織が有害廃棄物を積んだ船数十隻を爆破して地中海に沈めていた疑いが強まり、南部カラブリア州政府などが調査に乗り出した。


州検察などによると、船の爆破にかかわったという地元の犯罪組織関係者から情報提供があり、先週、潜水調査したところ、同州チェトラーロの沿岸沖約24キロの地点で深さ487メートルの海底に沈んでいる船を発見した。


告発者は、犯罪組織が依頼を受けて1992年にこの船を爆破し、積荷ごと沈めたと話しているという。カラブリア州によれば、同船には100バレル以上の放射性廃棄物が積まれていたとみられるが、まだ実際に確認はできていない。


告発者によれば、ほかにも2カ所に船が沈んでいるといい、有害廃棄物を積んだまま沈められた船は32隻にも上る可能性がある。州は地中海の汚染による住民の健康被害を懸念、観光にも影響を及ぼす恐れがあるとして、イタリア政府による調査と放射性廃棄物の除去を求めている。


海をよごさないでほしいです
00:57  |  和の世界  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2009'09.18 (Fri)

どうやって積んだか謎、3700年前の巨石の壁を発掘 エルサレム

エルサレム(CNN) イスラエルのエルサレム旧市街地内で、巨石を組み合わせて作られた高さ約8メートルの壁が発掘された。エルサレム旧市街地内で見つかった中でも最大級の壁で、約3700年前にカナン人が作ったと考えられているが、どうやって巨石を積み上げたのか分からないという。


イスラエル考古庁によると、壁は泉に続く道を守るために作られたと考えられるという。発掘された部分は約24メートルだが、さらに続いている様子で、当時はこれ以上の長さがあったと見られる。


壁を構成する巨石の重さは1個あたり4─5トン。現代では重機がなければ持ち上げられない大きさと重さで、電気も重機もない時代に、古代の人々がどのような方法で積み上げたのか、まったく分からないとしている。
00:55  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2009'09.18 (Fri)

UFO型浄水システム

 NTTファシリティーズ(東京都港区)は8月、太陽電池を搭載した円盤形の水浄化システム「ソーラーUFO」=写真=を開発し、大阪市内の2か所に設置した。

 直径5メートル、高さ1.6メートルで、池や堀に浮かべると、太陽光発電のエネルギーで水中の浮遊固形物を除去し、水中に酸素を送り込む。運転時にCO2を排出せず、1日約9000リットルの水を浄化できる。道頓堀川の湊町船着場付近で10月12日まで、大阪城公園の一番櫓(やぐら)付近で来年3月31日まで稼働する。

(2009年9月14日 読売新聞)

00:49  |  科学  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2009'09.18 (Fri)

世界最大規模の太陽光パネル工場、宮崎に

 昭和シェル石油は7日、宮崎県内で、太陽光発電パネルを生産する3か所目の工場を2011年から稼働させると発表した。


 プラズマテレビ用パネルを生産する日立製作所の子会社から工場の土地、建物を買収し、活用する。工場従業員の雇用も引き継ぐ。総投資額は1000億円で、世界最大規模となる年産900メガ・ワットの太陽光パネル工場になる見込みだ。

 プラズマテレビ用パネルの生産ノウハウは、太陽光発電パネルの生産にも生かせるといい、昭和シェルは日立の人材と余剰設備を活用して初期投資を抑える。

 昭和シェルは太陽光発電を新たな事業の柱にする考えで、宮崎県内にすでに2工場を稼働させている。

(2009年9月7日19時42分 読売新聞)
00:47  |  科学  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2009'09.18 (Fri)

日本版NASAできる?内閣府に宇宙庁構想

宇宙開発担当の前原国土交通相は17日、文部科学省や経済産業省、国土交通省などに分かれている宇宙関係部門と、宇宙航空研究開発機構の企画部門について、「内閣府に再編一元化する」と記者会見で述べた。

 また、「その先には、宇宙機構も含め独立した組織を作る方向で臨みたい」と語り、日本版NASAとも言える宇宙庁構想を進める方針を明らかにした。

 昨年8月に施行された宇宙基本法は施行後1年をめどに内閣府に宇宙部門を置くとしているが、内閣府と各省庁の役割分担の調整がつかず、新政権での判断待ちだった。一元化の方針が示されたことで、早ければ今年度末にも内閣府に宇宙局が設置される見通し。

(2009年9月18日00時37分 読売新聞)
00:44  |  政治  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2009'09.18 (Fri)

自分の歯を目に移植、失明から視力回復 米女性

【9月17日 AFP】約9年前に失明した米国人女性(60)が、歯を用いた人工角膜の移植によって視力を回復したと、手術を行った米マイアミ大学(University of Miami)バスコム・パルマー眼研究所(Bascom Palmer Eye Institute)の医師らが16日、明らかにした。

 ミシシッピー(Mississippi)州在住のシャロン・ソーントン(Sharron Thornton)さんは、2000年にスティーブンス・ジョンソン症候群にかかり、失明した。角膜移植や一般的な人工角膜は拒絶反応があったという。

 そこで医師らは、ソーントンさんの犬歯を周囲の骨ごと取り出し、形を整えたのち、穴を開けてそこに光学レンズをはめ込む手法を取った。この手法では、レンズをはめた歯は患者のほおまたは肩の皮下に移植され、歯とレンズがしっかり結合するまで2か月間放置される。こうしてできあがった人工角膜に細かい処置を施した後、目の中心に移植した。

 包帯は2週間前に外されたが、ソーントンさんはその数時間後に物体や人を認識できるようになり、2週間後の今では新聞も読めるまでになった。「まだ見たことのない7人の孫たちの顔を早く見たい」と話しているという。

 この手法は、もともとイタリアで開発されたが、米国では今回が初の実施。患者本人の歯を使用するため、角膜移植への拒絶反応がある人でも大丈夫だという。(c)AFP
00:38  |  科学  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2009'09.18 (Fri)

光触媒 人体への影響は?

スプレーしてしまうものや、コーティングしてしまうものは、危険と言うか、安全性の面で不安が残りますよね。


光触媒の技術は、化学の技術で実際に有機物を分解するのですが、その分解の過程で、何か、とんでもない、人体に非常に危険な物質が生成される危険性があることが、一部の化学者からも指摘されています。完全に分解されて無毒化されてから触れれば害はありませんが、有機物を分解途中の、意味不明の何かの物質の最中に触れてしまったりしますと、場合によっては害があるかもしれません。

よって、普段、肌が触れないようなところに使われる分には良いのですが、
{良い例:(​http://www.toto.co.jp/products/zone/interior.htm​)}
{良い例:(​http://www.nichi-bei.co.jp/jsp/reference/titanium/index.jsp​)}

光触媒処置された表面は、(誰かが安全だと言っても)、極力触れないようにしたほうが賢明でしょう。



よって、車の、これから半袖になる季節、肌に直接触れるトリム部(内装のプラスチック部)やシートの生地部に、酸化チタンを付着させることはやめたほうが良いでしょう。


酸化チタンは、美白の化粧品にも混ぜて使われる、直接肌に塗るほどのものだから、安全に決まっていると言う人もいます。しかしこれは全く間違っています。化粧品に使われる酸化チタンは、その中から、光によって反応しないような性質のものを特別に選んで使われるのです(酸化チタンは、それ自体が真っ白に見える物質。)。

逆に、光触媒用の酸化チタンは、その中から、光によってとても反応するような性質のものを特別に選んで使われるのです。微量の光でもせっせと化学反応して、活性酸素をせっせと生成する特徴のものを厳選して光触媒用に使います。女性ならだれでも知っている、活性酸素とは、老化物質そのものです。老化物質をせっせと生成するようなものを、顔に塗るハズがありません。

化粧品用の酸化チタンは、光が当たっても活性酸素も生成しませんし、化学反応も起こしません。化学反応が起きませんので、危険な物質が生成されるような危険性も無い訳です。

また、酸化チタン自体は、食品添加物として使われて人間の口にも入るほどに安全な物質です。


酸化チタンの、その中でも光に対して反応して化学反応を起こさせる特徴を持ったものが造り出す、新たな化学反応途中の物質が危険なのです。

化学反応は、実は非常に危険です。本来は、化学の研究所の中の実験室内だけで起こさせるべきことです。

(とある方の投稿記事より引用)



たしかに光触媒は先端技術ですが、人体への影響や安全面も解明してもらいたいです。
00:35  |  科学  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2009'09.18 (Fri)

便利なナノ粒子、人体への影響に専門家が警鐘

【9月17日 AFP】染みの付かない布や食品の味の向上、さらには薬品研究にも活用されるナノ粒子が、人間の健康を脅かす可能性があると、専門家らが16日警鐘を鳴らした。

 消費者団体Consumer Information Associationのスザンヌ・シュタルク(Susanne Stark)氏は、オーストリア・ザルツブルク(Salzburg)で行った講演で、製品がナノ粒子を含むかどうかの表示義務を企業に課すべきだと主張。特に、化粧品と食料品については2012年までに表示を徹底する必要を指摘した。
 
 ナノ粒子は100ナノメートル(1センチメートルの10万分の1)以下の超微粒子で、染みの付かない塗料、なめらかな化粧品や食料品などを作ることができる。商品の消費期限や賞味期限を色を変えることで示すことも可能で、日用品開発に革命をもたらしてきた。

 一方、ナノ粒子が人体に与えるリスクについては、ほとんど明らかになっていない。

 環境衛生を専門とするウィーン(Vienna)のハンス・ペーター・フッター(Hans Peter Hutter)医師は、ナノ粒子が口や鼻、消化器系、皮膚などから体内に入り込み、血管を通じて体中に広がり、胎盤に至ることは疑いないと話す。ただ、粒子がヒトの組織内でどのような作用をもたらすかはほとんど分かっていないという。(c)AFP
00:28  |  科学  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2009'09.18 (Fri)

金星は「水の惑星」だった可能性、欧州惑星科学会議で報告

【9月17日 AFP】「地獄」に例えられることが多い金星だが、かつては地球と同じように水が豊富にあった可能性があるとする研究結果が、ドイツ・ポツダム(Potsdam)で開催中の欧州惑星科学会議(European Planetary Science Congress)で16日、発表された。

 金星は、大きさも年齢も地球と似通っていることから、かつては「地球と金星は双子だった」との空想が盛んだったが、1960年代に行われた一連の探査により、あっけなく打ち砕かれてしまった。表面は鉛をも溶かすほどの高温で、水の存在を示すものは何も見いだされなかったためだ。金星の大気中には、二酸化炭素と硫酸の痕跡があるばかりだった。

  フランスのLATMOS研究所のエマニュエル・マルク(Emmanuel Marcq)研究員らは、欧州宇宙機関(European Space Agency、ESA)の金星探査機「ビーナスエクスプレス(Venus Express)」が収集したデータから、こうした「痕跡」はかつて表面に存在していたかもしれない大量の水の名残だとする論文を発表した。

 彼らは、雲よりもはるかに上空にある高度10キロから110キロの大気中に存在する水蒸気について、比重に着目した。重水素を含む「重水」の通常水に対する比率は、高度が高い所では低い所に比べて2倍近く高くなることがわかった。

 こうしたデータは、重水は通常水のようには金星の引力から容易に逃れられなかったことを示しているという。マルク氏は、金星にはかつて大量の水があったが、宇宙空間に流出したか、または太陽風の影響で蒸発したと考えている。

 マルク氏は、「重水が多く含まれているのは、上層大気で水が消失しつつあるという強力な証拠。金星は大昔には今よりも湿潤で、地球に似た惑星だった可能性がある」と結論付けている。(c)AFP
00:25  |  天体・宇宙  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2009'09.18 (Fri)

太陽系外に初の「地球型」惑星発見 欧州南天天文台

(CNN) 欧州南天天文台は16日、太陽系外で初めて地球のような固い地表を持った惑星が見つかったと発表した。

この惑星「コロー7b」は地球から約500光年離れた一角獣座の中にある。欧州宇宙機関のコロー宇宙望遠鏡で2008年に発見され、スイスやドイツなど17の天文台が観測を続けてきた。

質量は地球の約5倍あり、太陽系外の惑星としてはこれまでに見つかった中で最小。数カ月にわたる観測を経て密度を測定した結果、ガスを主成分とする木星や土星のような惑星とは異なり、地球型の地表が確認されたという。

ただし恒星に極めて近い位置にあるため、昼間の気温はセ氏2000度超、夜間は同マイナス200度にもなり、とても生命が生きられるような環境ではないという。

恒星の周りを回る速度は地球の7倍で、一方の表面が常に恒星に面しており、熱を分散させるような大気も存在しないため、この表面は融解しているとみられる。

研究チームはコロー7bの観測結果について、10月22日に学術誌に発表する予定。
00:16  |  天体・宇宙  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2009'09.18 (Fri)

大阪ガス、生分解性ごみ袋開発 バイオガス回収量10%増

大阪ガスは16日、生ごみをバイオガス化する際、除去せずにそのまま発酵できる生分解性のごみ袋の開発に成功したと発表した。自治体が回収する生ごみは、乾燥重量の1割をごみ袋が占めており、ごみ袋もバイオガス化することで、エネルギー回収量を10%程度増やせる。来年度の商品化を目指している。

 バイオガスは生ごみや食品廃棄物をメタン発酵して得られるガスで、都市ガスと同じメタンを主成分とする。ただ、ごみ袋の多くは石油由来の樹脂が原料のため、バイオガス化する際は除去する必要があった。

 今回開発に成功したごみ袋は微生物によって分解され、最終的に水や二酸化炭素になるポリ乳酸を使用。同社が独自開発した80度で溶解する技術と併せて使用すると、ごみ袋は約24時間で液状に分解される。

00:10  |  科学  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2009'09.15 (Tue)

平沢進 / 橋大工





イヤーイヤーイヤー  ヨイヘー  ヨイヤイー 

      つるはしを振りおろせ  夜通しで振りおろせ

                ハイホー 夜明けには 君が生まれる

07:03  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2009'09.09 (Wed)

平沢進 / Mermaid Song





~  花を手に 人よ来て あの声に身を投げよう
  
        風を切り 船を出す 年老いた水夫のように  ~




今日はじめて出逢った


感動した


胸が熱くなった


音楽で感動するのって なんだかひさしぶりだ


22:07  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。