スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2009'09.18 (Fri)

どうやって積んだか謎、3700年前の巨石の壁を発掘 エルサレム

エルサレム(CNN) イスラエルのエルサレム旧市街地内で、巨石を組み合わせて作られた高さ約8メートルの壁が発掘された。エルサレム旧市街地内で見つかった中でも最大級の壁で、約3700年前にカナン人が作ったと考えられているが、どうやって巨石を積み上げたのか分からないという。


イスラエル考古庁によると、壁は泉に続く道を守るために作られたと考えられるという。発掘された部分は約24メートルだが、さらに続いている様子で、当時はこれ以上の長さがあったと見られる。


壁を構成する巨石の重さは1個あたり4─5トン。現代では重機がなければ持ち上げられない大きさと重さで、電気も重機もない時代に、古代の人々がどのような方法で積み上げたのか、まったく分からないとしている。
スポンサーサイト
00:55  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ernest.blog49.fc2.com/tb.php/187-75fef50d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。