スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2009'09.24 (Thu)

エイズ感染リスク3割減少?=2種類混合の新ワクチン(疑わしい記事)

【バンコク時事】タイ保健省は24日、2種類を混合したワクチンにより、エイズウイルス(HIV)の感染リスクが約3割減少したとする臨床試験結果を発表した。同省は「HIVワクチンの予防効果が立証された初めての例であり、大きな躍進だ」としている。
 AFP通信などによると、タイと米国の研究者が協力。仏企業製のカナリア痘ワクチンと米国の製薬会社が開発したHIVワクチンを組み合わせて使用した。
 試験は2003年、タイ中部チョンブリ、ラヨン両県で実施。HIVに感染していない18~30歳のボランティア男女約1万6000人の半数にワクチンを投与した。 

まずは全てを疑ってかかろう。
この手の記事・発表は特にだ。

企業と製薬会社。
どちらも商品が売れることを至上目的としている利益追求の「企業」であること。

まるで 「お金を払ってワクチンを打てば、HIVになりにくくなりますよ~」と
コマーシャルしているように思える。

何の根拠があってかもよくわからない。

この手の発表には、気をつけよう。
スポンサーサイト
23:25  |  想うこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ernest.blog49.fc2.com/tb.php/199-9ef8d734

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。