スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2010'06.23 (Wed)

人間の性中枢

人間にとって一番肝心な体の部位は、頭頂部からその真下へと貫かれた体の中心軸(脊髄の中枢神経にあたると思われる)なのだ。

この人体を貫く中心軸を、「タオの幹」と呼ぶ。
この「タオの幹」は、人間だけでなくあらゆる存在の中心にあり、性中枢とも言えるものだ。
こうした性中枢を「ラ」と言う。

この「タオの幹」の上端に脳があり、下端に性器があり、その全体で人間の基礎は成り立っている。

性中枢は人間の霊的な中枢でもあり、女性の場合、この中枢の下端から中枢に沿って男性器が挿入される仕組みになっているのは偶然ではない。

また、性中枢に流れる精気の量と光背(人体のオーラ)の輝きは比例し、それは同時に無言のメッセージを放つ。
これを達成するためのヤーマは何種類もある。

タオの幹の両端にある性器と脳は、電極のようなもので、それに対し、宇宙の存在は、本来的に対極のエネルギーをもっていて、性エネルギーは大宇宙の中を流動するものであるらしい。

人体のすべての精霊ポイントは中心のたった一つの性中枢と結ばれており、逆に一つの精霊ポイントの活性化は、性中枢そのものの活性化にも結びつくという認識をもっている。

性行為とともにヤーマを行う光景や男女が組になってヤーマを行うこともある。

(千賀一生 / タオコード 参照)
スポンサーサイト
20:32  |  民族の叡智  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ernest.blog49.fc2.com/tb.php/225-4aa4872a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。