スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2010'06.25 (Fri)

落ちる生卵、紙1枚で守れ パラシュート型が最優秀賞

紙1枚と両面テープ、セロハンテープだけを使って生卵を守る工作をし、校舎4階(約15メートル)から割らずに落とす―。そんな技術を競う「エッグドロップコンテスト」が大阪電気通信大(大阪府寝屋川市)で開かれ、13作品中、着地の際の衝撃をうまく和らげた3作品が卵を守りきった。

 コンテストは5月24日に開かれ、工学部基礎理工学科の新入生約50人が3~5人のチームに分かれ、参加。A2サイズ(縦42センチ、横59・4センチ)の厚手の紙とアイデアで難問に挑んだ。

 最優秀賞は、成功した3作品のうち、約33グラムと最も軽かった「やっしー」。落下速度を落とすためヤシの木をかたどったパラシュート型にしたもので、卵の下には、紙で作った円柱形の「緩衝材」を敷いた。

 成功作品以外にも、紙をバネのように折りたたんで衝撃を軽減したり、二重構造の箱の中に卵を入れて落下時のダメージを分散したりするなど、趣向を凝らした作品が登場した。

 担当した中村拓司准教授は「遊びながら学んでもらうのが目的。それぞれが目標のため創意工夫してくれた」と話した。

http://www.47news.jp/CN/201006/CN2010062101000041.html
スポンサーサイト
13:00  |  科学  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ernest.blog49.fc2.com/tb.php/231-5a0ecb89

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。