スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2010'06.27 (Sun)

ツインソウルのお話

ソウルメイトを結婚相手、運命の出会いと思われている方が多いようです。

でも、前のページで書いたように、ソウルメイトって呼ばれる関係はそうではないんですね。
その誤解が恋に対してよけいに誤った判断をさせて、苦しさや辛さ、混乱を与えているように思います。

過去生療法の内容を調べていくと、過去でカップルだったから今生でもカップルになるということはめったにないようです。

このことは、同じソウルグループのソウルメイトではあるけれど、ソウルメイトだから結ばれるべき相手と考えるのは違いますよということを指しているように思います。

過去には夫婦とか恋人とか近い存在だったり、もしくは夫婦だったけど、今生ではその相手が家族やきょうだい・親友だったという話ばかりです。

過去生ではパートナーだった人が今生では父親や母親だった、親友だったなんてケースがほとんどです。


良く聞かれるのは、なぜか出先でバッタリ出会ったりとか、考えていることが同じというシンクロニシティから二人は特別な関係でその人のことが好きなんですが、その人はソウルメイトなのでしょうか?ということ。

もしソウルメイトを人生のパートナーと解釈されているのでしたら残念ながら答えは「NO」で、同じソウルグループに属する仲間と解釈されていてのご質問でしたら「YES」と答えています。

前者と解釈されている方は、ツインソウルと誤解されていると思います。
ツインソウルの出会い方は本当にまさかの劇的なもの。


このようなシンクロニシティは、同じ波動レベル(エネルギーレベル、思いの深さ)の恋愛感情による、テレパシーや念が原因で起きるんですね。

私も恋愛するたびに、こういうことが頻繁に起きてました。

でもこういうシンクロニシティが頻繁に起きてる時は、相手も自分も最高潮?に気持ちが盛り上がっていた時。
だけど、別れ際になると、だんだん起きなくなっていきます。

人の心はラジオや携帯電話みたいなものだと思います。
好きという念を無意識のうちに電波のように飛ばしていて、お相手も自分のことを考えている、ということはお互いに同じ恋愛感情レベルのチャンネルを合わせ持っているということですから、キャッチしやすいんですね。

そしてお互いの気持ちにズレが出てくると心の電波にもズレが出てきて、もし別れることになったら、その二人だけが持つ恋愛チャンネルは閉鎖されていきます。

でも記憶は消せないから、その相手のことは一生覚えていることになりますが、その時の周波数はとても弱かったり過去にチューニングされているので、別れた後にご縁がなくなるのはそのためだと思います。

ではツインソウルとはどういう出会い方をして、どういうカップルを言うのか、実は典型的なツインソウルカップルが私の身近にいました。

その経験から確信を持って言えるのは、お互いの家族構成、生まれ育った環境、そして出会うまでの経験がとても良く似ている人がツインソウルだということ。

そして付き合い始めるきっかけも、予想外で奇跡に近いような劇的なものだったりします。
彼らの実話をそのまま掲載してしまうのは申し訳ないので、細かい部分は省いてお話します。


まず家庭環境ですが、彼の場合は1歳半の時に両親が離婚して母親が家を出て行って、彼女の場合は1歳半でシングルマザーだった実のお母様が亡くなられて里子に出されました。

同じ年齢で、思いがけず実の母親との別れがあったんですね。

その後、二人とも成長し、留学することになって家を出ました。

その出先が、同じ都市でした。

しかも2、3ヶ月の差でほぼ同時期。

後からわかったのは、二人とも何度か引越しをしているんですが、付き合い始めるまでは追いかけっこで同じ町内に住んでいたということ。

実は彼らは付き合う前から知り合いでした。

彼女が当時お付き合いしていた元彼の親友が、この彼だったんです。

元彼は友だちたちと飲みに行くのが好きでしたから、この彼も来ていて、お互いに顔見知りでした。

で、後からわかったんですが、彼は彼女を紹介されてすぐに彼女のことが好きになったそうなんですが、でも親友の彼女なので黙ってたそうです。

彼女も、彼は良い人だなぁという印象は持ってたようです。

仲間内で携帯番号を交換していたので、お互いに連絡先は知っていたけど、元彼の手前、連絡を取ることは一度もしなかったそうです。

そんなある日、彼女は突然元彼にフラれてしまいました。。

家に戻って一人で泣いていた時、携帯が鳴って出てみると、その彼から!でした。
初めての電話。

この日なんとなく彼女のところに電話をしたくなって思い切ってかけてみたそうなんですが、それがなんと彼女がフラれた日。

彼女から話を聞いて彼も突然のことに驚いて彼女を心配して、「じゃあ今からそっちに行って話そうか?」ってもちかけて、彼女が自分のアパートの場所を説明して二人ともびっくり。

なんと住んでいるアパートが、道を挟んで斜め向かい同士だったんです。。。


その後もいろいろありましたが(彼はOKでも彼女の気持ちの整理が必要で)、彼の猛アタックに(笑)彼女も次第に心を開いて、彼のことがどんどん好きになって。

結局彼らは、半年もしないうちにゴールインしました。

結婚当時、まだ彼は卒業まもない頃で、無職でした。

その後、仕事を探し始めます。

当時彼女もバイトの身でしたから、駅から遠いわ危険と言われる地域の狭くてあまりきれいじゃないアパートに住んでいたのが印象的です。

そして彼はある会社に就職し、少しずつ生活が楽になっていきました。

1年位した頃、世界的に有名な新聞社で募集されているのを知り、彼は思い切って面接を受けました。

1000人ほど面接を受けたそうですが(1000分の1の確率です)、彼は見事採用されて、いきなりチーフの座を獲得。

収入も倍になりました。

その2年後、今度は世界最大手の広告代理店で募集されているのを知り、彼の夢はこの会社で働くことだったので、思い切って面接を受けることに。

今度は500人の難関だったそうです(これも500分の1の確率)。
そしてまた合格(笑)

今は海外勤務になって、二人でそちらの国に引っ越して、守衛付きプール付きのマンションの住人に。。
彼の収入も前の新聞社の時の2倍になりました。

もちろんいいことばかりでもなく、大きなトラブルも起きて、離婚寸前になったことも何度かありました。
でも結局相手を思う気持ちの方が強かったのでそれを乗り越えて、ますます絆が深まっていきました。

彼女は、彼と出会えて結婚してよかったし、このまま一生彼といたいと言ってました。
と言うか、別れたくても別れられないような運命のいたずらみたいなものを感じてるそうです。
なのでよけいにそう思うみたいです。



というように、ツインソウルカップルの出会いや関係はほんとにドラマティックで、自分の意思ではどうにもならない不思議な共通点や宿命で結ばれていくと思うんですね。

なので二人とも別れようとしても別れさせてもらえないような運命のいたずら?が起きたりもします。

それと、彼の奇跡のようにトントン拍子の出世の仕方は、この関係を結んでいることはあなたたちにとって正しいんですよ、というようなサインに見えます。


他のツインソウルにまつわる話を見ていると、彼女たちカップルに劣らず劇的なので、彼女たちはツインソウルだったというのは間違いないと私は信じてます。


ソウルメイトについて、「あの人は運命の人かもしれない」という思い込みがあると誤った判断をしやすいように思います。

ツインソウルでない限り、ソウルメイトは同じソウルグループのたくさんいる仲間たちの内の一人なので、特別な人に考えてしまうとかえってその恋が苦しみや悩みの種になるように思います。

ツインソウルのように特別な関係なら、彼らのように黙っていても運が後押ししてくれるはずですし、何かを失ったり誰も傷つけることはないはず。

そして結ばれるまでの障害が見当らないように感じます。

それは、ツインソウルの二人にとって二人一緒にいることが自然で、幸せなことだからって思うんです。


ツインソウルのカップルはめったにいないことは確か。

なので多くの人の場合、運命の人を探そうとするよりも近くにいるソウルメイトとの関係を大事にして、自分から運命の人(ライトパーソン)となる関係を築いていくのが自然で本当じゃないかな?と私は思ってます。


(Spiritual Gardenより抜粋)
http://homepage3.nifty.com/Heart_in_Harmony/soulmate2.htm
スポンサーサイト
07:27  |  想うこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ernest.blog49.fc2.com/tb.php/238-d3dae002

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。