スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2010'07.10 (Sat)

生きている物質

通常、私たちが目にしている世界では、物質は静的で動かないように見えますが、
ミクロの世界では粒子は狭い空間に閉じ込められていることから、その領域の制限に反発して激しく動き回り、
常に激しく振動しています。


その振動状態(波動)は、素粒子の世界を特徴つける「量子効果」と呼ばれています。

ここまで地球規模でみてきた「非生命の生」は、ミクロの世界においても
「物質は本質的に動的であり、躍動し、生きている」ことが見い出されました。

これこそが現代物理学が解明した最も新しい物質観です。

それはマクロの世界の新しい宇宙論と、驚くべきことに最新の科学成果が、
そのまま古代東洋の自然観や哲学(たとえば物心一元論など)に共通していることもわかってきました。

今、「万物の根源は波動であり、初め波動だけの世界が、しだいにその密度を濃くしながら物質へと変化していく。

その際、物質が何になるかは、波動に刻み込まれた固有の情報、つまり、

「宇宙の先駆的情報」としての「宇宙意識」によって決まる」

といえるのです。


(自分大革命より)
スポンサーサイト
14:31  |  黒沢吾耶  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ernest.blog49.fc2.com/tb.php/271-c917b02d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。