スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2010'07.12 (Mon)

物心一体の理


生命の芽生えとは時間の流れる3次元のこの世において、

過去のエネルギー波動が宇宙の意識によって、現在のエネルギー粒子(生体)へ移されることであり、


生命の旅立ちとは現在のエネルギー量子(生体)が宇宙意識によって、

未来のエネルギー波動へ移されることであると思います。


したがって、生死を宇宙意識=神として問う宗教と、それをエネルギー量子として問う科学が、

波動を介して融合し、それによって科学と宗教、物と心は一体となるのではないでしょうか。


(自分大革命より)
スポンサーサイト
19:13  |  黒沢吾耶  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ernest.blog49.fc2.com/tb.php/276-100f24a1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。