スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2010'07.12 (Mon)

競争原理が通用しない時代がくる

おそらく、地球の自浄作用もまた宇宙意識によるものです。

というのは、今日のさまざまな問題、いや全体として不透明な時代をつくっているものは、

私たち人間のストレスを含む低い波動であり、エネルギーによるからです。


いじめなどは粗い波動(マイナス波動)が特定の場に蓄積されて生じることがわかりました。


また一方では、意識を覚醒させて波動の密度を高めることで、

さまざまなプラス波動が入・出力されることがわかっています。


太陽黒点については、その数の増減に11年と55年周期があることから、あの「コンドラチェフの波」と結びつき、

天文学ばかりではなく経済学などからも関心が高まってきていますが、

1990年頃増大したものには、アカシックレコードから特別な意味があることを聞きました。

それは、

「今まで人は競争のなかで考え物事を行ってきたが、今後はパーフェクトが出にくい(競争原理が通用しない)時代となり、

より「明日が見えない」時代が来る」


ということでした。

具体的には、昨今の不況などは人の意識が変わらないことにあります。

1991年に知人から、太陽の黒点からの情報を尋ねられたのですが、その答えは次のようでした。


1. 司法・立法・行政に携わる人に対し不正を明らかにする。

2. 大自然と共生・調和していない企業、地球を汚している者に対し警告をする。

3. 自己保存のみで他を活かしていない人たちに対して反省を促す。


つまり、「人類の開廷」が始まるというのです。
それは、


1. 人々の税金を正しく用いず、不正に使用した者がその罪を裁かれる。

2. 大自然を汚した者は、個人も企業も責任をもって元に戻す努力をする。
  責任が果たされねばならない。

3. 個人的に自分のことだけを考えている者は、反省の道が用意されている。


というように伝わってきたのです。


実際、これらを私は、アカシックレコードからの「情報の光探」によっても得ることができました。

そして、死んでからではなく(死ねば皆が行くところとなりますが)

生きているうちに知って、自分を改善・改革することはこうした裁きや無為を再び繰り返さずに過ごすことができる道を得られるのです。



(自分大革命より)
スポンサーサイト
19:31  |  黒沢吾耶  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ernest.blog49.fc2.com/tb.php/277-c18ddbd7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。