スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2010'07.22 (Thu)

自己中心から肯定的な自己へ その1

人間の「意識」は、表に現われない潜在意識が大部分で、顕在意識はごく一部にすぎません。

私たちは自分の「心」を通して、その潜在意識を深く追求していくことができます。

では、肉体は単なる容器かというと、そうではなく、肉体は生命を育む母体ですから、肉体もできうる限りよい状況下におくことがたいせつです。

現代人にはさまざまなストレスがあります。

しかし、ストレスは誰にでもあるもので、あってあたりまえのことと思います。

しかし、それをコントロールできなければ、話は違ってきます。

生活していくうえで、とくに対人関係のさまざまな波動がストレスに関係しています。

人と接することはその人の波動と接していることです。

そこで低い波動の積み重ねが蓄積されると、思わぬ大病の原因につながることがあります。

「いつも時間に追われている、のんびりできない、怒りやすい、イライラし不平不満が生じやすい・・・」

こうした状態、つまりストレスに対するコントロールが失われると波動が粗くなっていきます。

まるで有毒ガスのように、粗い波動は有毒素として影響を及ぼしていき、体内で不調和を起こし、

自然の波動と人間の波動の不調和を生み、健康や精神、ときには運命にも影響をもたらすことにもなります。

過去の地球の地軸の変換には、この人の及ぼすストレスも原因となっていたようです。

一方、こうしたストレスをコントロールし、プラスに転化していくなら、すべてが良くなっていきます。

ここに、地球の活性化および人生の成功や幸福をもたらす秘訣があります。

そのためにも大自然(自然の法則)から他を活かすことを学び、宇宙真理によって意識を高め、

低い波動を上げていくことが重要となります。

具体的にはまず、怒りや憎しみ、嫉妬、不平不満など自己中心的なものを1つ1つ解消していきます。

そしてすべてにおいて肯定的になる(大欲)・・・これは思いやりをもち、人に奉仕できることや何事にも感謝できること、また勤勉や親切、素直、明朗などにもかかわります・・・ことがステップとなります。

このステップは、

第一に「見方を変える」
第二に「空になる」
第三に「実際に行動する」


と3つにまとめられます。

(つづく)
スポンサーサイト
18:57  |  黒沢吾耶  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ernest.blog49.fc2.com/tb.php/301-a81990e4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。