スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2010'07.25 (Sun)

知識だけでは幸せにはなれない

「多くのことを知っていたら幸せだろうと考えて、たくさんの人が知識を得ようとするけど、それはちがうわ。

 ただの情報では幸福にはなれないわ」


「たしかにそうかもしれない・・・何が足りないのかな?」

「知識を実際に応用する力ね。それには現実的な訓練が必要よ。

 知識をためし、失敗し、そしてまたためす。

 その過程で修正もして、そうしてやっと知識をほんとうの意味で使い、自分のものにすることができるようになる。

 それ以外に真実を知る方法なんてないわ。

 地図の上でその場所を知っていても、実際に行ったことがないとしたら・・・」


「そのとおりだね」

・・・・・・

「わたしが言っているのは、本に書かれていないこと。

 顔に受ける風の感じとか、相手の感情や、その人のペースで物事を考えることができるように、十分な時間を与えるということを理解し、尊重するとか、情熱的な人間の体の中で魂に必要なものを調整していくことなどね。

それは簡単ではないの。

でも、だからこそ美しい。人間になるって、すばらしいことよ。」


ぼくははじめて、自分がただの人間だということをこころよく思った。

それでふざけて言った。

「宇宙の華々しい存在であるぼくたちは、あなたをこの世界に歓迎します」

ぼくたちはいっしょに笑った。



(まほう色の瞳 より)
スポンサーサイト
19:36  |  エンリケ・バリオス  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

ALO~HA!

つい、2、3日前にshigeさんが同じような内容の記事を書いてらっしゃいました。

智恵とは、情報を使う力 [気づき]
http://madoromi2u.blog.so-net.ne.jp/2010-07-23

私も概ね同意します。
現在の学校教育ことは知識中心になってしまっているけれど、本当の教育は応用する力を育てることなのでしょう。
学校だけでなく親が子供に力を伝えることができなくなってしまっているのも本当に残念です。。。

さぁ、どうしたらいいのか、間違いや失敗を恐れずに、やりたいこをとがんばって、他者との交流の中で、経験を積んでいくことも智恵の積み重ねつまり応用する力を育てることになるのだと思います。
ひろみ | 2010年07月25日(日) 22:55 | URL | コメント編集

ひろみさん

Aloha.

shigeさんとシンクロしてましたね。

教育に関しては、まったくその通りだと思います。
知識も大切だけど、それを応用できる知恵を育んでもらいたいですよね。


今のような教育のありかたでは、子供たちも、たいへんだと思います。
慈魁 | 2010年07月26日(月) 13:02 | URL | コメント編集

ALO~HA!

言われたことしかできない人ばかりが増えてしまったら・・・、と思うと本当に恐ろしいです。

日本の戦後教育はその道をまっしぐら・・・。

私が行っていた高校で、本当に次世代のために教師を目指そう、という高尚な志を持っていた人は少なかったです(もちろんいましたけれど・・・)。偏差値と共通一次の点で、教育学部しかないかな・・・なんていう本当に軽い気持ちで教育学部へ行った人が多かったです。
私はずっと先生になるものだと思っていたのですが、母校へ教育実習へ行って、先生になるなら、小学校の先生にならなくてはいけない、高校じゃぁもう遅い・・・、と思って教師の道は止めてしまったんです。まぁ、担当の先生のいいかげんさと高校教師のサラリーマン化(教育に熱意がない)を見て、その中で働きたくなかったことも一因ですが・・・。
やる気がある先生ほど、からまわりしている、って感じでした。。。

教育制度の見直しには、本気でとりかからないと。。。将来がかかっていますからね・・・。
スペインの教育制度をからめてこの辺はまた記事にするつもりです。

なんか、熱弁してしまいましたね。失礼・・・。

ALO~HA~!
ひろみ | 2010年07月26日(月) 15:51 | URL | コメント編集

ひろみさん

Aloha!

ひろみさん、学校の先生への道を歩んでいた時期があったんですね。
素晴らしいことだと思います。


子供たちもだけど、先生たちもたいへんそうです。
すべてとはいわないけど、やっぱりいまの教育制度は何かがおかしいですよね。

居場所がないと感じ、行き場もなく悩んでいる生徒たちもいるそうですし。

本当に次世代のことを考えてくれる教師がいるんだから、そういう先生達を支える制度が充実すれば、もっと良い方にかわるとおもいます。

そういう流れがあるのなら、よろこんで協力しようとおもいます。
慈魁 | 2010年07月26日(月) 19:25 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ernest.blog49.fc2.com/tb.php/307-b396afec

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。