スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2010'07.28 (Wed)

アトランティス・リーディング ~大ピラミッド建造期・テクノロジー他~

・アトランティスで、その実体は、真理保存のために、各国に神の掟の子らが分かれる必要があるというメッセージを受け、アトランティス崩壊直前に、エジプトやピレネー、ユカタンやオグに向かった調査団の指揮者の一人だった。

 後にエジプトの神官が復帰した際には、アトランティス人、エジプト人、インド人、中国人、モンゴル人、アー リア人の教えを統合した人々に加わった。

・問 「大ピラミッド建設についての実際の開始と終了の年代を述べて下さい。
ケイシー 「建設には100年を費やした。
       ヘルメスとラータによりアラーラートの治世期に始められ終了したのである。」
問 「その時代は紀元前何年でしょうか。」
ケイシー 「平和の君がエジプト入りする10,490年から10,390年前の間である。」

・最後の崩壊前のアトランティスで、神官ラータが神の掟の知識を得るためにポセイディアに来たとき、
その実体は神官と一緒に帰国し、エジプトの政治に参与した。
彼はエジプトを故郷にした。
アトランティスでは反乱が続き、多くの者がエジプトへの脱出を計った。
その実体は、化学、建築、経済、商業、労務、広い意味での芸術、音楽、金属貴石の細工などでエジプト人を助けた。
またアトランティスからエジプトへ運ばれた記録を管理した。

・国の崩壊を迎えた時代のアトランティスで、その実体は、ピレネー山脈を経てエジプトに来た人々の一人で、記録の保管に携わった。
今でいう自然界の源、電気的力を、船や車の駆動や通信に使っていた。

・最後の崩壊前のポセイディアで、その人は多くの国々との通信活動を制御していた。
空中と水中を動く飛行艇は、その実体が、初めはイベリア地方に、次には記録を保管すべきと判断したエジプトへと、多くの人を運搬するのに使ったものである。
エジプトでは紛争を目にしたが、神官の帰還に伴い、ついには、その地で「物」たちの体を作り直す人々を育成する運動に加わった。
ここでも通信に従事した。

(アトランティス より)
スポンサーサイト
20:02  |  エドガー・ケイシー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ernest.blog49.fc2.com/tb.php/310-7803f2de

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。