スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2010'07.28 (Wed)

イシス神殿とピラミッドとスフィンクス

ケイシーのリーディングでは、スフィンクスが紀元前10,000年を超える、かなり昔に建造されたと指摘している。

またスフィンクス近くにはまだ開かれていない記録室があるとも語っている。

X嬢はセリム・ハッサン博士著「ギザにおける発掘、スフィンクス」第8巻から次のような記述を発見した。


この石柱はイシス神殿(大ピラミッド付近にある)がクフによって発見され彼によって再建されたこと、また落雷で壊れたスフィンクスが修理されたと記している。
これが本当であれば、イシス神殿とスフィンクスの両方の年代がクフ王(第4王朝、紀元前2900年)以前ということになる。
この石柱は「ピラミッドの女王イシス」に奉納されたもので、この地域ではクフ王がピラミッドの建造者であったと考えられているため、今の説では説明が困難である。
この石柱を捏造と考える者もいるが、スフィンクスに今でも見られる破損個所の数値は、そこに述べられている修復の数値に一致する。
また、イシス神殿とスフィンクスとの関係で述べられているオシリス神殿の配置は正確で、オシリス神殿は述べられた通りの場所に発見された。


X嬢はスフィンクスを調べて、両前足の内部の輪郭が巨大な石灰岩の切石で固められているのを発見した。

これは外側のレンガ細工の覆いが不完全になっている所から見ることができる。

右後足も同じ石灰岩の巨石で完全に仕上がっている。

その場所から砂をどける際にハッサン博士と仕事を共にした、ミセス・メギドによれば、胴体の後方、尾が始まる所に、石灰岩の巨石があったという。

これらは調査されなかったが、やはりレンガで覆われていた。

X嬢は報告をこう締めくくっている。


その証拠は僅かで、決定的なものではないが、有望である。
目に見える証拠だけがより徹底した調査の基盤となる。
それについて知られている記録がないからである。
セリム・ハッサン博士はスフィンクスから砂をどけて壊れた部分を修復したが石はどけていない。
スフィンクスについての現代の情報はほとんどない。
誰がそれを建て、何故大半が推測のままなのか、そうした情報は、普通、神殿の下に埋もれているので、何かそのようなものがスフィンクスの両前足を成す石灰岩の巨石の下に発見されるかもしれない。



X嬢はエジプトに初めて旅してから、カリフォルニアに戻り、初期エジプト史の課程をさらに修めている。
彼女はさらに考古学的調査を行うためにエジプトに戻ったが、中東情勢が不安定な今、その仕事は中断したままである。
(1968年当時)



(アトランティス より)

スポンサーサイト
21:12  |  エドガー・ケイシー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ernest.blog49.fc2.com/tb.php/315-fc3e5fc1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。