スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2010'08.01 (Sun)

みんなを幸せにするおカネの話 ~銀行制度からの脱却~

「おカネは人間がつくり出したものじゃ。だから、人間にしか変えることはできん」

「でも、どうやって・・」

「銀行は営利企業じゃ。つまり、利益を得るために活動しとる機関じゃ。社会全体のことなど考えておらん」

「だからおカネはみんなのために活動する公共の機関が管理すべきなんですね」

「うむ。そうすべきじゃろうな」

「そうなれば、国が銀行に利子を支払う必要もなくなりますね」

「そして、自然の摂理に沿ったものでなければならない」

「持ち越し税をかけて、おカネを減価させるんですね」

「そうじゃな。持ち越し税ならお金持ちほど税金を払うことになる。おカネのない人間ほど払う税金は少なくてすむ」

「より公正になりそうですね」

「地球が有限であることも忘れてはならんぞ」

「おカネを何か実物の財で裏付ける必要がありますね」

「そうしないと無限に増やせてしまうからの」

「おカネでおカネを増やすようなマネーゲームもやめるべきですね」

「ほぉ、冴えとるのぉ」

ボクは「どんなもんだい」と胸を張った。

「あとは、すべての人が安心して暮らせるように、最低限の所得を保証するべきじゃろうな」

「せっかく生産性を高めたんですから、その恩恵をみんなで分けるべきですね」

「うむ。百点満点じゃ」

神様は満足そうに微笑んで、ボクの頭をクシャクシャになでまわした。

「でも、本当にできますかね。世界を幸せにするなんて」


「それはオマエたち次第じゃ。オマエの魂はわしの分身でもある。オマエだけじゃない。人間はみんなわしの分身じゃ。神と同じ創造する力がある」

「でも・・・」

「わしは必要なものはすべて与えてある。必要以上の贅沢をしなければ、みんなが不自由なく暮らしていけるはずじゃ」

「もう一つ聞いてもいいですか?」

「なんじゃ」

「どうしてボクの前に現れてくれたんですか?」

「オマエは幼い頃からずっと同じ願い事をしとるじゃろ。しかし、願うだけでは叶えられん。テレビが故障したら、神様にお願いすればなおるか?」

「なおりません」

「そうじゃろ。社会とは目に見えなくともシステムじゃ。願うだけではなおらん。つまりその、見当違いをしているオマエを見ておれなくなったんじゃ」

ボクの顔は恥ずかしくって真っ赤になった。

「恥じることはない。オマエは優しい子じゃ。それに素直でキレイな心を持っている。人間にとってそれが一番大事じゃ。自信を持て」

「ありがとう。でも、もっといっぱい教えてほしいことがあります。これからも教えてもらえますか?」

「必要な時に話しかけなさい。わしはいつでも聞いとるぞ。わしは和幣主(にぎてぬし)の神、つまりおカネの神じゃ。おまえたちの思いや行いは世界に大きな影響を与える。
わしはみんなを幸せにするおカネをおまえたちがつくってくれることを、いつも心から願っとるぞ」


そういうと神様はスーッと祠の中に消えていった。

ボクは沈みゆく夕日に背を向けて歩き出した。

わくわくした想いを胸に秘めて。



(佐々木重人・安部芳裕共著「みんなが幸せになるおカネの話」PDF原稿バラマキ作戦!より抜粋)

全文はこちらのPDFファイルです。


スポンサーサイト
15:58  |  和の世界  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

ALO~HA!

慈魁さん、すごい!
pdfファイルの文書を打ち込みしたんですか~!
私は、そのままブログに情報拡散のツィットとまとめ記事を転載して、紹介しました。(見てくれたと思いますが・・・)
pdfファイルの方は読みはじめて、まだ読み終えてないんです・・・。
こうやって、一部をすぐに読めるようになっていたら、さらに興味が湧きやすいですよね。
私のブログにリンクを入れておきますね。

Gracias!
ひろみ | 2010年08月01日(日) 17:11 | URL | コメント編集

Aloha!

ひろみさんの記事、もちろん、みましたよ!

よい情報は拡散しないと、ですよね。

本当にわかりやすい文と、これからの指針が書かれていますね。

感謝です。

あとは私達ひとりひとりがこれからどう実行していくか、ですよね。

まずは知ってもらうことから、かな。

ひろみさん、ありがとう。
Mahalo!
慈魁 | 2010年08月01日(日) 18:49 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ernest.blog49.fc2.com/tb.php/322-9397bebd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。