スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2010'08.03 (Tue)

最も身近なところを大切にする

私自身も無我夢中で仕事をしてきました。

我を忘れ、他の人から注意されても、助言をいただいても、まったく耳に入ってきませんでした。

健康であることを過信して無理を重ね、感情を高ぶらせ心配・恐怖から身体をこわしていたにもかかわらず、家族のためと思って、寿命をすり減らして、寝る時間も惜しんで働いていた時期がありました。

しかし、そんな私も生命の本質に気づき、自分を変えたことから、周囲の人たちに生命の大切さを伝えられるようになりました。

1つ言えることは、家族は深い縁をもって出会っているということです。

最も身近にいる家族を大切にすることが基本になければ、現在の役割は何の役にも立たないのです。

家庭や職場は、自分以外の人といっしょに生活する(=生命を活かす)ことによって、自分の生命を磨くためにあるのです。

世のため人のために行動するには、どこか特別な場で行うものだと思ってはいませんか。

何も特別の場である必要はありません。

それよりも、まず自分が一番お世話になっている家庭という身近な場で行動・実践することです。

次に会社、そして社会というように、身近なところから順に実践していくことです。

自分を磨くには、どこよりも自分が今、最も親しい人たちと共にいる場所で行うのが一番です。

人は親しい人といるときにこそ、自分の特徴(くせや習慣)が顕著に現れるからです。

なぜ親しい人といると、自分のくせや習慣が出るのでしょうか。

それは親しくなると遠慮がなくなってくるからです。

気持ちの許せるところでは、自分の我---自我が出やすいのです。

そして、その自我から来る我欲は誰にでもあるものです。

人間ですから「我の欲」は必要なのですが、その欲のあり方が問題となります。

自分のためだけの欲ではなく、1人でも多くの人のために「大きな欲」をもつことが「欲」本来のあり方です。



(黒沢吾耶 著/ 宇宙とわたしの不思議な関係 より)
スポンサーサイト
21:01  |  黒沢吾耶  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

ALO~HA!

最近の事件は、家族が壊れている・・・、そんな感じで哀しいです。臭いものに蓋をするように素知らぬ顔をするか、何か行動するか・・・。
まずは、自分の家族と真摯に向き合うことが大切なのかもしれませんね。
ひろみ | 2010年08月06日(金) 06:48 | URL | コメント編集

Aloha.

そうですね。

家族としっかり向き合って分かり合うように努力することができれば、その調和が連鎖を生み、人の社会もおたがいに気を配りあって、今起きているような事件はきっとなくなるものだと思います。

私達ひとりひとりの日常にかかっているんですね。
慈魁 | 2010年08月06日(金) 22:19 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ernest.blog49.fc2.com/tb.php/325-6d47aa23

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。