スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2010'08.08 (Sun)

ペルセウス座流星群、13日未明が見ごろ

夏の夜空を演出する「ペルセウス座流星群」が、11日から15日ごろまで出現する。

日本での最大の見ごろは13日の未明で、1時間に12~15個、場所によっては50個以上を見られそうだ。

10日が新月のため、月明かりのない好条件という。

同流星群は、かつて彗星(すいせい)がちりを残した場所を、地球が毎年8月に通る際に現れる。

ちりが大気に入って燃え、ペルセウス座付近で光が放射状に広がる。1月のしぶんぎ座流星群、12月のふたご座流星群と共に「3大流星群」と呼ばれる。

ペルセウス座は、真夜中には北東の空で、カシオペヤ座の少し下方にあるが、流星は夜空全体を広く見渡すと見つかりやすい。


(2010年8月7日12時16分 読売新聞)


今年は新月直後でよく見えそうですね。
スポンサーサイト
07:15  |  天体・宇宙  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

ALO~HA!

高校の時、ラグビー部のマネージャーと星の観測のクラブにはいっていたので、1年・2年の夏休みは、合宿でペルセウス座流星群の観測をしてました。。。1時間に60個くらい見えた記憶が・・・。卒業後も2回、付き添いで行ったので、ペルセウス座流星群は青春の思い出って感じです。

今年は新月が10日だから、よく見えるでしょうね・・きっと。
あとはお天気次第!晴れますように。。。
ひろみ | 2010年08月08日(日) 17:06 | URL | コメント編集

ALO~HA!

10日前後、土星、火星、金星、水星、地球、木星、天王星がほぼ一直線になります。
七ツの星の惑星直列の現象は、六千年に四回しか起こっていないそうですが、それが今月と来年の5月にほぼ直列になるといいます。
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0806&f=it_0806_001.shtml
なんか、すごいですね。。。
ひろみ | 2010年08月09日(月) 15:51 | URL | コメント編集

Aloha!

ひろみさんはペルセウス座流星群に想い出がたくさんあるんですね。

素敵だな~

>10日前後、土星、火星、金星、水星、地球、木星、天王星がほぼ一直線になります


すごいビッグイベントじゃないですか~!

何かあるのかな。

きっと、宇宙的な影響があるでしょうね。

今夜は晴れるから、夜空がよくみえそうです。

天体観測ツアーしてこよう。
慈魁 | 2010年08月10日(火) 06:50 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ernest.blog49.fc2.com/tb.php/332-c6d9412e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。