スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2010'08.12 (Thu)

ほほえみ ~自分自身を信じる~


このあいだも大屋政子さんと対談したんですが、あの方はいつもニコニコしているでしょう。

いやなことがあってもニコニコしていますね。

長い年月のあいだには、いろいろいやなこともあったそうですが、はたからはいつものんきにアッパッパを着てやっているように見える。

本当はあの姿は氷山の一角で、その下に沈んでいる部分というのは苦しみと困難と涙で大変なものがあるのに、いつも人への思いやりを忘れない方なんです。

それは、自分が逃げないで苦労してきたからできるのです。

いつもほほえんでいるということは、そういう苦労をくぐりぬけてきた自信から出ているんです。

自信のない人というのは、経験からいつも逃げている人なんですね。

ワッと来たらこっちに逃げ、あっちに逃げる。

いつも横ばい人生で、前に進んだことがないし、下手をすればうしろへ下がったりしているわけです。

困難が来たらそれを突き破って、前に出ればいいのです。

そうすれば「自分はまったくだめで、こんな苦難には立ち向かえないと思っていたのに、やればできる。
まんざら自分も捨てたものではないな」と思えてきます。

自信が出てきます。

それが結局自分を大事にするための生活の知恵なんです。

自信を持つことはうぬぼれることではありません。

「自分を信じる」と書いて自信というのです。

おのれを信じるということが一番大事なのです。

よく、「私のことをちっとも信じてくれない」という人がいますが、そういう人に「では、自分のことを信じていますか?」と聞くと、「自分でも信じられない」と言うんです(笑)。

自分も信じられない人が、他人には「信じてくれない」と不満をいうというのは図々しい話ですね。

ですからまず自分が自分を信じることですね。

自分を信じられるような人間にまで自分を高めて、それで経験を積んで、練磨していくのです。

そうすると、「この前はあれだけできたんだから、今度もできないことはないわ」というふうに次第に自信が持てるようになるのです。


(ほほえみの首飾り)
スポンサーサイト
23:41  |  美輪明宏  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ernest.blog49.fc2.com/tb.php/341-ae663f32

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。