スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2010'08.16 (Mon)

粗に学ぶ


「そ」という文字には

祖先の「祖」

簡素の「素」

楚楚の「楚」

粗末の「粗」

があります。


人は何時か知らぬ間に、自分が活かされていることに気づかず

カルマ、くせ、習慣を引き出して生きています。

生命という本質(実在)からの行為を忘れて

先祖が

常に守護していることへの感謝を忘れている。

更に心の認識を高め

善い事・悪い事についても同様、学びの為であることを知り謙虚に学ぶことは限りなく続くことを知るがよし。

簡素に

一時的に宇宙に出現した物質

人間の身体、そして自分の子供

企業・会社・仕事

土地・建物・家屋

という財産はあずかり物であり

永遠に自分のものと思ってはいけない。

あずかりものは大切にあずかり、時期が訪れたとき

すみやかに世の人の為に、

お返しをする。

なるべく飾りものをはずして

身軽く質素がよい


美しさは、シンプルが良い

楚楚とし

身軽いほど心は自由でとらわれがなく、高い意識に到る

粗を知り

粗に学ぶ


健康な心身の為にも

粗食し

他の人に対し

軽はずみの言葉

荒く下品な振る舞い

大ざっぱな感性

おろそかな扱いを

さけるよう心掛ける。

粗末な心を

人の振りみて気づくもよし

又、自分の心の奥深く思考し

見直す時間の中で

おごりの人生を描いていないかを振り返り


責任と義務を持ち

素直に理屈を云わず

取り入れ実行し

各々が善行することにより

意識を高める為に意志を

まっとうする道がある

人生を粗描きにせぬよう

粗に学ぶ。


1994年12月16日  

黒沢吾耶
スポンサーサイト
21:03  |  黒沢吾耶  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ernest.blog49.fc2.com/tb.php/354-81a0084c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。