スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2007'01.06 (Sat)

死の瞬間の喜び

私にとって 死とは 最高の出来事である.
 結果はどうあれ、この人生を卒業できた という事だから.
  最後の冒険でもあるし 癒しでもある
 

    そして死は また生へとつながるであろう


(解説)
死ぬってこわい事?全然こわくない.
死んだら終わり?それとも始まり?それは死ななきゃわからない.
重要なのは、今自分が存在しているという事.
後悔するような日々や行為をしているから、死を恐れる.
また、死んだらそれで自分は消えてなくなると思っていると、
死をおそれるようになる.

よく、魂や霊の存在をを否定する人がいる.
それらは目に見えないだけで、存在しているかもしれないのだ.
完全に否定できないものなのだ.そして完全に肯定もできないのだ.
スポンサーサイト
01:30  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ernest.blog49.fc2.com/tb.php/45-400399f3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。