スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2010'07.06 (Tue)

はやぶさ:微粒子の写真公開 カプセル内で確認 JAXA

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は5日、小惑星探査機はやぶさのカプセル内で確認された微粒子を回収し、写真を公開した。打ち上げ前後に地球で混入した可能性も高いため、JAXAは今後数カ月かけて微粒子を慎重に調べ、小惑星の物質かどうかを判断する。

 小惑星イトカワの試料が入っている可能性のある容器は二重構造。分析の結果、はやぶさの試料採取装置に直接つながっていた「サンプルキャッチャー」と呼ばれる内筒の内壁に、10マイクロメートル(0.01ミリ)程度の微粒子が2個確認できた。「サンプルコンテナ」と呼ばれる外筒の底には、肉眼で見える1ミリ程度の粒子が10個以上見つかった。今後、サンプルキャッチャー内をさらに詳しく調べる。

 採取した物質は、事前に地球上で採取した試料と比較するが、JAXAは、カプセルに混入した可能性がある地球上の物質は「数百個はある」とみている。サンプルコンテナの底にあった大きめの粒子について専門家は「宇宙の物質の特徴と異なるようだ」と話しているという。

 川口淳一郎・はやぶさプロジェクトマネジャーは同日の会見で「地球上で混入した物質があるのは確実だが、空っぽではなかったことの意味は大きい。一喜一憂せず時間をかけて分析したい」と話した。



http://mainichi.jp/select/science/news/20100706k0000m040028000c.html


0.01ミリ。

このちいさな粒子に、大きなことがたくさんつまっているんだね。

こちらも、一喜一憂せず時間をかけて見守っていきます。
06:51  |  天体・宇宙  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2010'07.05 (Mon)

「はやぶさ」カプセルに微粒子 小惑星由来か詳細分析


宇宙航空研究開発機構は5日、先月13日に7年ぶりに地球に戻ってきた小惑星探査機「はやぶさ」のカプセル内にあった岩石試料の収納容器に微粒子が入っていたと明らかにした。今後、小惑星の物質が含まれているかどうか詳細に分析する。

 小惑星の物質と確認できるとしても数カ月から半年後になる見通し。

 小惑星の砂が直接入手できれば世界初の快挙。約46億年前の太陽系が誕生したころの姿をとどめているとされる小惑星の試料の分析を通じて、太陽系形成への理解も深まると期待される。

 ただ、2003年にはやぶさを打ち上げた鹿児島県の発射場やカプセルが落下したオーストラリア南部の砂漠などで、地球の砂ぼこりなどが混入している可能性が高く、宇宙機構は容器から微粒子を回収後、これらの現場で採取した砂などと比較、分析する。

 容器から得られた試料は北海道大、東北大、東京大、首都大学東京、大阪大、岡山大、九州大などの国内の大学や、米国、オーストラリアの研究者でつくる分析チームに配られる。大きさが0・01~0・005ミリ程度あれば、回収や解析が可能だと説明している。



http://www.47news.jp/CN/201007/CN2010070501000237.html



イトカワ由来の物質だったら、すごい発見。

たとえちがっていても、それはそれでよくやったはやぶさ君、ってなる。
12:53  |  天体・宇宙  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  ↑Top

2010'06.25 (Fri)

探査機カプセルから微量のガス 小惑星由来? 詳細分析へ

宇宙航空研究開発機構は24日、小惑星探査機「はやぶさ」のカプセルに入っていた試料の収納容器から、ごく微量のガスを採取したと発表した。

 総量や成分は不明だが、収納容器に小惑星「イトカワ」の砂が採取できていれば、その砂から揮発した成分である可能性があるため、今後詳細に分析する。

 13日の地球帰還後に密閉用のゴムを通って染み込んだ地球の大気や、宇宙空間を飛行中にはやぶさ自体の機器類から漏れ出たガスの可能性もあるという。

 宇宙機構によると、22日に相模原市の開封・分析施設で収納容器を特別な機械にセットした後、容器内部の気圧を測定。何もなければ真空のはずの内部に、ごくわずかの気圧を確認したため、開封と同時にガスを取り出し、分析に向けて保管した。

 宇宙機構は24日に容器内部の直接的な確認のための本格的な開封に着手。今後、容器のねじを外したり、ワイヤをほどいたりした上で、外した部品それぞれに小惑星の砂ぼこりなどが付着していないかを慎重に確認。



http://www.47news.jp/CN/201006/CN2010062401000857.html
13:02  |  天体・宇宙  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2010'06.25 (Fri)

小惑星探査機はやぶさ、帰還



06:16  |  天体・宇宙  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2010'06.25 (Fri)

はやぶさ:カプセルの試料容器開封 気体採取に成功

小惑星探査機「はやぶさ」が持ち帰ったカプセル内の試料容器を開く作業が24日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙科学研究所(相模原市中央区)で始まった。JAXAによると、同日までに気体の採取に成功した。この中に、小惑星イトカワ由来の気体が含まれているかどうか、今後慎重に分析する。

 試料容器は円筒形で二重構造。22日、開封作業の準備段階で、外側の容器のふたを開けた際に微量の気体が採取された。容器は宇宙空間では真空状態になるよう設計されており、気体は▽イトカワで採取した物質の表面から発生した可能性▽地球帰還後、大気が混入した可能性▽はやぶさ内部の樹脂や金属などから発生した可能性--が考えられるという。

 今後、イトカワ表面の微粒子が入っていると期待される内側の容器(直径約5センチ、高さ約6センチ)を慎重に分解し、7月上旬には内部を観察できる見通し。何かがあった場合も、打ち上げ前に混入した地球上の物質の可能性があり、判別のための精密な分析作業に入る。イトカワの微粒子かどうかを確定するまで数カ月程度かかる可能性もあるという。

 分析チームの藤村彰夫JAXA教授(惑星科学)は24日会見し「はやぶさの打ち上げ以来、待ちに待った瞬間がやってきた。地球帰還を果たしたはやぶさの快挙に応えようと、分析に携わるメンバーは奮い立っている」と意気込みを語った。


http://mainichi.jp/photo/news/20100625k0000m040077000c.html
06:14  |  天体・宇宙  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
PREV  | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。